不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高校物理と、S先生

ろんろんが今、なんと高校2年生だということ、憶えておられますか?

それで、彼が物理がわからないから教えてくれっていうもんだから、このごろ勉強につきあってるんですよね。

僕は、中学・高校と京都市内で過ごして、高校2年生と3年生の間、縁あって名著の誉れ高い「新体系物理問題集」著者のS先生の私塾で、物理を習わせてもらっていました。

S先生が居なかったら、今の僕は無かったかもしれない、と思います。それくらい、僕は物理がわからなくって、先生の講義がなければ、とても大学に合格できなかったと思いますもの。

物理は、原理を理解して、そこから自力で公式という名のつくものを導きだせて初めて出来るようになるんだよ、それを理解することが一番なんだよ。「公式」なんて忘れればいい、忘れればまた、自分で導いてくればいい。物理で憶えることことは皆無といっていいんだよ、そこにあるのは、先人の知恵を「理解すること」なんだよ。

そう言って、そして実際にそうであることをやって見せて、このことが本当であることを理解させた時、ろんろんの顔がぱあああっと明るくなる・・・それをみるのが楽しい。

「私はだね」とS先生は良く言っていた。「君たちに大学に受かってもらうためだけに物理を教えているんじゃないんだ。人類の後輩のためにだね、物理を理解してもらおうと思って教えておるわけだ。それを理解しない諸君はだね、別にこんなところに居る必要はない。他にいくらでも行くところはあるだろう。いつでもここから出て行ってもらって結構だ」

大人になって、それなりの地位になったら、ひとことお礼を言いに伺おう・・・・そう思っているうちに年月が経ち、先生の自宅にやっと電話出来るようになった時、すでに先生はこの世の人ではなかった。

先生・・・と僕は思う・・・・僕はあなたの教えを人類に還元するような仕事にはつかなかった。でも、僕の子は、もしかしたら僕なんかよりもずっと立派になるかもしれないです。それが、あなたの恩に僕が報いることになる、そう思っていいですか?

「物体にかかる力が、ある地点からの距離xを用いて、F=-kxと書きあらわせるとき、その物体はx=0を中心とした単振動をしている。そして、その周期は物体の質量mを用いて、2π√m/kと書くことができる」

・・・京都のくすんだ市街地、四条烏丸から西へと歩く高校生の僕は、12月の乾いた冷たい風に身をすくめながら、このフレーズを反芻していたかもしれない。そして、いままた、息子が・・・
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。