不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ここまで練れた1日目を久しぶりに聴いたような気がする・・・・大フィル定期第1日目

ツァラが秀逸。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第443回定期演奏会
大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
チェロ独奏 堤剛
ヴィオラ独奏 小野真由美
R・シュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ」作品35
R・シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」作品30

二日目も聴くので簡単に。

ツァラはほぼ完璧な仕上がりと聴きました。こっちも二日とも公演を聴くようになって久しく、1日目はこんなもんやろ、と予想して臨んでるんだけれど(まあ、なんて嫌味なクラオタなんでしょう)、それをはるかに上回る水準。それが一番。ほぼ過不足なく棒にオケがついていっていて、うねりだとか軋みだとか、そういうものが十分に現出されている。存分に練られた演奏、と評するに躊躇ないです。

加えて、ツァラの長原君のソロが良い!!これぞ後期ロマン派ウィーンの響き、と思わず呟きたくなるような音色で、堪能しました。

総じて、ツァラについては、満足、です。1日目でここまで持ってこれたのは、久しぶりだと思ったけど、どうかしら? きっと、このごろ練習がうまくいっているんだろうなあ。

比して、ドン・キホーテだが・・・・実は、この曲、同じ堤さんで以前大友・京響で聴いてるんですよね。そのときの堤さん、はあ?・・衰えはったなあ・・・と思った出来だったのだが、今日は見違えるような出来。いやあ、気合が入ってましたねえ。このチェロが良かったのが一番。

ただ、こっちの方はちょっとオケの方が練れてない。かなりほころびが・・・・大植さん、この曲、かなりきつい揺らし方をするし、遅いところはかなり粘るので、なかなかついていくのは大変やろう、とは思いました。特に終結部の遅さといったら!!

でも、これ、今日はこの程度だったが、もしかすると明日は・・・これが決まれば、大化けするかもしれない予感漂う、今日の演奏、とぐすたふくんは聴きましたが、さて如何に?

もし、明日間に合えば、確かめられますが、さあ、どうですかねえ??
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。