不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブルックナーの9番と、ヴァント・WDRの全集

この話は、以前にもどこかで書いたことがあるかもしれない。

僕がちょうど今のろんろんの年齢だったころ(おそらくは高校1年生から高校2年生だったと思うのだが)、僕はラジオの深夜放送にどっぷりと浸かっていた。いわゆる、ながら族、という奴(いまや、死語、かなあ)。聴いていた番組は、当時の若者の例にもれず、オールナイトニッポンだとかABCヤングリクエストだとかヤングタウンだとか欽ドンだとか、そういうもの。でも、好んで聴いていた中にFM大阪の番組もあって、それは例えばジェットストリームだったり、「あいつ」(この番組、憶えている人いるかなあ?)だったりしたのだが、そのうちの一つに「クラシック・メディテーション」という、たしか水曜日深夜(木曜早朝、とも言いますわね)2時から3時までの番組があった。

この番組のオープニングが、シェーンベルクの「浄夜」第2部分の出だしの、あのヴィオラ以下のなんとも印象的なむせぶような旋律。いかにも「深夜」の「濃密な夜の香り」!! 当時、僕はこれが「浄夜」のそれとは分からなくって、この美しい曲は、一体、誰のなんという曲なんだろう、と思いつつ、真っ暗な自室で、イヤホンを左耳に突っ込みつつ、蛍光灯のスタンド光の下、カセット・テープレコーダーに向かって頬杖をついて聴いていたんですよね。

そんなある日のこと、それは多分番組開始15分ほど過ぎたところだったと思うのだが、ナレーションの女性がこんな言葉を呟いた。

「第9は一つの限界のように思われる。
それは、一種の超えてはならない壁のようなものだ。
第9を書いた者は、神の領域に近づきすぎたのだ」

もう30年もまえのこと、正確にはほとんど憶えていないが、大体このような文言だったように思う。そして突如、闇を突いて吹きあがるように、ヴァイオリン群がG線上でのlow HからCへの9度跳躍による絶唱を始める・・・・

これが僕が聴いた初めてのブルックナーだった。

もうお分かりと思うが、これこそが9番の3楽章の開始。実に、1時間のこの番組の半分にもなんなんとする時間がこの曲ただ一曲!!(今から思えば、なんちゅう選曲や、と思うけど)。その間中、僕は身動き一つ出来なかった。なんという音楽だろう!!!彼岸と此岸との間に峻厳として横たわるかのような、それこそ「この世のものとは思われない」音楽!!深夜の真っ暗な部屋のしんと静まり返った空気の中、それはまるで天啓のごとくに僕の体を撃った・・・

この時の体験が、僕のブルックナー感を決定づけたと言っていいですね。

だから、僕にとってはブルックナーといえば、この曲、なんです。他のどの曲が無くなっても、一向に構わない。この曲さえあれば・・・・この曲だけ、特別、なんですよ。

というより、この衝撃の出会いのあと、ブルックナーのどの曲を聴いても、全然ピンと来なくって、はあああ?なんですかこれ? 長いばっかりで、つまらん曲ばかり!! ホンマに同じ作曲家か?、という状態が長く続きました。9番以外の曲をFMでエアチェックしても、物理的に耳には曲は入ってくるのだが、脳に届かない、そんな状態。

だから、高校生の間は、ほとんど9番ばっかり聴いてたんじゃないかなあ。後で調べて、このとき放送された演奏が、カラヤン・ベルリンフィルのものだったということを知ったのだが、当時の僕にはこのレコードを買おうにもお金がない。そんなもので、友人が持っていたヨッフム・ベルリンフィルの廉価盤をカセットに録音して、それこそ擦り切れるくらい聴いてました。

だから、僕の中では、ヨッフムのこの演奏が定点としてある。剛直で真っ直ぐでダイナミック、その一方悠揚迫らざる大きな存在感も湛えた演奏。残念ながらこの演奏、単体でCDになっていない。数年前に同じヨッフムでシュターツカペレ・ドレスデンとのEMIの全集を買って、わくわくしながら9番から聴いたのだが、この演奏とは全然違うもので、滅茶苦茶がっかりしたんです。全然、とまで言うか、という話もあるかもしれないが、この9番と言う曲、ほんのちょっとの違いで、そこに「立ち現れるもの」がガラリと変わってしまうんですよね(そう思うのは、僕だけなのかしら?)

そんなもので、この全集に限って言うと、9番はほとんど聴かずじまい。ほかの初期のもの(前にも書いたが、1番と2番が秀逸)ばかり聴いていたんだけれど・・・そしたら今回、ヴァントがWDRオケを振った全集が廉価の限定盤でリリース。ユングさんがネットで絶賛していたので、随分前から予約していたんです。ところが、発売が延期に次ぐ延期、やっとのことで昨日送られてきた次第。そこでぐすたふくん、期待半分・不安半分、9番から聴いてみたんだけれど・・・・

!!!!これよ!!これこれ!!これですって!!!これが聴きたかったんだ!!

9番に限らず、この全集、どの演奏をとっても、毅然・剛直、終始一貫前のめり。早めのテンポをとり、豪快にブラスを鳴らしていて、エネルギッシュかつ生命感にあふれたもの。ある意味、「ごつごつした」肌触りがする。そうでありながら、独特の何とも言えない「存在感」がある・・・「体臭」と言い換えても良いかもしれない。音も良く、その点でもヨッフム全集のEMIのART処理に感じる違和感が無いのがうれしい限り。いい全集です、これ。

遅いテンポでじっくりと聖性を練り上げ、彼岸の存在を現出させる行き方もあるだろうけれど、僕はこういうのが好きだなあ・・・・そんなことを思いつつ、今日の日曜日は日がな一日、ヴァント三昧なのでありました(笑)。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ぐすたふさま こんばんは

おや、ぐすたふさまもラジオ少年だつたのですね。フレッシュミルクの、日下さんのあいつはよく存じておりますよ。飲酒運転はいけません。ところでFM大阪の隣の時間に津嘉山正種さんの番組はなかったでしたっけ。クロスオーバーイレブンではなくて。

さてヴァント翁です。(そのころはまだ若い)当時はケルン放響でありますが、そりゃ1番2番6番は他を以って替えられるものではありますまい。

そのころはすでにケルンからバイエルン、そしてハンブルクに進出していたころではありますが、私にとってシューベルトの全集はヴァントであります。(高価なRCAの全集が、今は亡き新阪急ビル地下の大月シンフォニアで安売りしていた)

ベートーフェンはともかく、ブルックナー・シューベルトはハンブルクよりもベルリンよりもミュンヘンよりもケルン。

余談ですがヨッフムのブルックナーの録音で私が、これは、と思うものは、フィリップス・コンセルトヘボウの5番。コンセルトへボウ日本公演の7番なのです。

古都百話 | URL | 2010-10-25(Mon)02:20 [編集]


Re: タイトルなし

京都百科さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
>
> 日下さんのあいつはよく存じておりますよ。

おおおお、憶えている方がおられるとは!!この番組、当時の僕の友人の間では有名で、みんなして「あいつ」の真似をした連作短編小説集なんてものをこさえてたりしたんですよね。

>ところでFM大阪の隣の時間に津嘉山正種さんの番組はなかったでしたっけ。クロスオーバーイレブンではなくて。

クロスオーバーイレブンは、もうちょっと後から始まったんじゃないかなあ、と思います。
津嘉山正種さんの番組は、私、知りません。NHK-FMでしたっけ?
NHK-FMでは、坂本龍一のサウンドストリートをせっせと聴いてました。この番組のオープニングの曲の題名が思い出せないんですよ。知ってる人いたら、教えてもらえませんか?

> さてヴァント翁です。(そのころはまだ若い)当時はケルン放響でありますが、そりゃ1番2番6番は他を以って替えられるものではありますまい。
> ベートーフェンはともかく、ブルックナー・シューベルトはハンブルクよりもベルリンよりもミュンヘンよりもケルン。
> 余談ですがヨッフムのブルックナーの録音で私が、これは、と思うものは、フィリップス・コンセルトヘボウの5番。コンセルトへボウ日本公演の7番なのです。

おおおおおおおおお、流石は京都百科さまでありまする!!!ここまでお聴きになっておられるとは!!!
本文にも書きましたが、恥ずかしながら、私、ブルックナーは9番以外ほとんど聴かずに10代を過ごしておりました。他の曲は、聴いたとしても、右から左。

確かに、そのころベームが7番と8番を3枚組(!!レコード時代ですねえ!!)で出してたり、ハイティンクがロマンティックの新録音を出したり、カラヤンがちゃくちゃくと全集を録音(あの、「天使の翼」がジャケットになっていた奴ですね。美しいジャケットでした)してたりして、こういうレコードがFMでかかるたび一応エアチェックはしていたものの、ほとんど大脳皮質に残っておりませぬ。

そんなもんで、10代のぐすたふくん、ブルックナーは嫌いだ、と公言してはばからない、鼻持ちならない青二才、だったんですよねえ。でもって、周りにも、マーレリアンはたくさんいるのに、ブルックネリアンは皆無。その良さについて、有益な示唆を与えてくれる友人が居ないどころか、「ブルックナーって、同じ旋律を、ずううううううううっと使いまわし続けたと、思えへんか?」と言う人間すら居る始末。「ブルックナーなんて、かったるくって、聴いてられねえぜ!!」「そうや!そうや!!」という青年たちなのでありました(笑)。

よく歴史を振り返ってみると、僕が中学・高校時代を過ごした1970年代、ブルックナーに関しては実はかなり充実した仕事が為されているんですねえ。このヴァントの全集も、そしてカラヤンの全集もヨッフム・ドレスデンの全集も70年代。そのほかに、さっき書いたベームも70年代、ですもんね。このなかで私が持ってないのは、ついにカラヤンの全集(4番と9番は持ってますが)のみとなりましたが、京都百科さんは、このカラヤンのものについては、どのように思われますか?

ヨッフム・コンセルトヘボウについては、全く知りませんでした。京都百科さんが評価される、となると、興味津々、不惑わくわくでありますね。

ぐすたふ369 | URL | 2010-10-25(Mon)20:35 [編集]


ぐすたふさま ご返事を

ラジオ少年であり、オーディオ少年であった私は、ソニーが光ディスクの開発を進めていることを知っていましたので、またお金もなく、LPの購入を極端に絞っておりました。マーラーは皆無。ブルックナーもわずかです。

そんな中で、まず廉価版でなじんだブルックナーでしたが、これが好結果だったのですね。最初の三枚。

9番・カイルベルト(CDでも買い替えました)
8番ハース盤・ベイヌム(上に同じ)
7番フルトヴェングラー・カイロ盤(レギュラー盤。これは買い替えず)

そして次の三枚がヴィーンフィル
クナ・3番(買い替え)
クナ・5番(シャルク版)
4番・フルトヴェングラー(ミュンヘン盤)

そしてLP締めくくりがヴァント(独ハルモニアムンディ)
1・2・6(EMIハルモニアムンディでCD買い替え)
だったのですね。

シャルク版でなじんだ5番は、喫茶「碌山」でヨッフムの原典版を聴いて、びっくらこきました。

さあ、カラヤンですよね。FMではベルリン・サルツブルクの演奏がしばしば流れておりました。オーケストラに緊張感を与えることと、聴衆に特別な演奏であることを認識させることを目的としたような、極端なピアニシモのころのカラヤンのブルックナーは、時々、部分部分を耳にしましたが、上記のような評価に止まるものであることを、告白しなくてはなりません。あれほどのエアチェッカーであったのに、カラヤンのライヴは荘厳ミサ一つしかしてないのでは。

そういえばプロセイン歌劇場管弦楽団との戦中の8番の録音の購入をある人に頼まれて(自分で買って聴くつもりはない)、渡すまえに聴いたことがありました。ピアニシモの件はともかくカラヤンのブルックナーへのアプローチは、晩年まで変化がすくなかったのではないでしょうか。メロディーが全体を覆いすぎていて、大きさと美しさを隠しています。

ところでヨッフムについていえば、私の最愛のブラームスの二番の録音は、じつは、ヨッフム・ロンドンフィル!ついでカイルベルト・ベルリン、来日ライヴのベーム・ヴィーン(完全に余談)

古都百話 | URL | 2010-10-26(Tue)01:20 [編集]


Re: タイトルなし

京都百科さん、御返事ありがとうございます。

私も、廉価版でブルックナー買いましたが、

> クナ・5番(シャルク版)

だけでした。これも、買った当時は、すぐにお蔵入り(笑)。

> シャルク版でなじんだ5番は、喫茶「碌山」でヨッフムの原典版を聴いて、びっくらこきました。

なじみもしなかった私は、その後、ヨッフムを聴いてから、そう言えばクナがあったなあとごそごそ出してきて逆にびっくりしました(爆笑)。

>カラヤンですが・・・・メロディーが全体を覆いすぎていて、大きさと美しさを隠しています。

ここら辺が、私、そう言いきってしまうことに躊躇するんですよ。4番と9番しか持っていませんが、「カラヤン美学」のメロディーや響きの美しさに心惹かれる自分を抑えることが出来ない。こういうところが、ぐすたふくん、畢竟ブルックネリアンではないんでしょうね、

> ところでヨッフムについていえば、私の最愛のブラームスの二番の録音は、じつは、ヨッフム・ロンドンフィル!ついでカイルベルト・ベルリン、来日ライヴのベーム・ヴィーン

ここらへんも、私など足元にも及ばぬ見識と思いまする。実は、ブラームスの2番は学生オケにとっては定番中の定番。そんなもので、あっちのオケ、こっちのオケとシーズンごとに聴かされ続けたがために、あえてCDを買おうとは思わなくなっちゃったんですよね。そんなもので、私の手元にブラームスのシンフォニー、驚異的に点数が少ないという事実(ワルター・コロンビア、小澤・サイトウキネン、カラヤン・ベルリンフィル、ドホナーニ・クリーブランド、チェリビダッケ・ミュンヘン、これだけ!!)。

この中では、今はドホナーニ・クリーブランドが一番気に入っています。

ぐすたふ369 | URL | 2010-10-26(Tue)23:52 [編集]


Re: タイトルなし

ところで、「碌山」、懐かしい名前ですが、どこにありましたっけ?

ぐすたふ369 | URL | 2010-10-26(Tue)23:56 [編集]


見識と言われますと、ただの物好きの意見ですので恐縮ですが、この手の話は面白いので、この際です、続けさせていただければと。

碌山は御所の南にありました。準々常連程度でしたが、それでも店番代わりに、一人で座っていたこともありました。(しばらくすると、本物の常連がやってきて、本当に店番を始めたり)。

実は、ヨッフムのブラームスの2番は、石丸寛さんがFMやっておられた、たしか題名はゴールドブレンドコンサートで流れたのですね。79年ごろのことか。当時はエアチェックもしてませんでした。それを本物のCDで手に入れたのは、聞いてから20年以上も後でしたが、その時の感激が、完全に正しかったことに、また感激しました。

この石丸さんの選曲はとてもよくて、ケンペ・ベルリンの新世界。クレンペラーのプラハも忘れられません。

古都百話 | URL | 2010-10-27(Wed)01:26 [編集]


ブルックナーとの出会い

ぐすたふさんこんばんは。ぐすたふさんのブルックナーとの出会い、とても興味深く拝見しました。いきなり核心にはいりこんじゃったという、劇的なものだったんですね!

ちなみに僕はぐすたふさんと対照的に、ごくごく普通の入り方をしました。マタチッチ&チェコフィルの7番の演奏をFMで聴いたのがブルックナーとの出会いで、最初の頃はぴんときませんでした。カセットテープに録音して繰り返し聴いているうちに、第三楽章あたりから、少しずつ、気に入るようになっていたという感じです。解説書をみて、第三楽章の主題が鶏の鳴き声からヒントを得たものだとか書いてあるのを読んで、ふーんなるほど、などと思ったりしているうちに、いつのまにか深みにはまって、結構なブルックナーファンになってしまいました。そんな始まり方をひきずっているせいか、今でも一番好きなのは8番や9番でなくて7番だという変わり者です。

9番については、僕はシューリヒト/ウィーン盤で育ち、今でもこれがマイベスト盤です。そしてヨッフムの9番のベルリン盤は、僕にとっても非常に重要な1枚です。またヨッフムのベルリン盤とドレスデン盤については、ぐすたふさんとまったく同意見です。ドレスデンの全集は、あと7番も、完全な失敗作ですね。ヨッフムは、こういう当たり外れがでかいですが、あたったときはすばらしく、かけがえのないブルックナー指揮者のひとりですね。

じゃく | URL | 2010-10-27(Wed)22:49 [編集]


Re: タイトルなし

京都百科さん、こんばんは。

> この手の話は面白いので、この際です、続けさせていただければと。

全く同感です。いけるところまで行きましょう(笑)

> 碌山は御所の南にありました。準々常連程度でしたが、それでも店番代わりに、一人で座っていたこともありました。(しばらくすると、本物の常連がやってきて、本当に店番を始めたり)。

私は、ハイドンの準々常連でした(笑)。まあ、なんてコアな話なんでしょう。その当時、名曲喫茶なんてものが存在しえたんですよねえ。

> 実は、ヨッフムのブラームスの2番は、石丸寛さんがFMやっておられた、たしか題名はゴールドブレンドコンサートで流れたのですね。

でました、ゴールドブレンドコンサート!!!!!私も聴いてました。

> この石丸さんの選曲はとてもよくて、ケンペ・ベルリンの新世界。クレンペラーのプラハも忘れられません。

同感です、ここで流れたマーラーの八番の回、ゲストになんと山田一雄氏!!丸寛さんが、「初演されましたよねえ」と振るといきなり「まあ、この曲、何が面白いんだかさっぱりわからない曲ですからねえ」・・・・・爆笑でした。すごい人だと思いましたね。

現在、民放FMでクラシック番組がほとんど絶滅状態であることを思うに、あの時代に青春時代を過ごしたことの幸運を思います。

ぐすたふ369 | URL | 2010-10-27(Wed)23:48 [編集]


Re: ブルックナーとの出会い

じゃくさま、コメントありがとうございます。恐縮です。

>そんな始まり方をひきずっているせいか、今でも一番好きなのは8番や9番でなくて7番だという変わり者です。

いえ、むしろそれが普通だと思いますが(笑)。7番が良いと思えるようになったのは、大人になってからですね。出会いが僕は良くなかっただけだ、と思います。
>
> 9番については、僕はシューリヒト/ウィーン盤で育ち、今でもこれがマイベスト盤です。そしてヨッフムの9番のベルリン盤は、僕にとっても非常に重要な1枚です。またヨッフムのベルリン盤とドレスデン盤については、ぐすたふさんとまったく同意見です。ドレスデンの全集は、あと7番も、完全な失敗作ですね。

シューリヒトは私も持っていますが、残念ながら出会いが良くなく、自分としては「この演奏がなくても、他に取るべき演奏はいくらでもある」という感じなんです。ここらへん、ちょっとじゃくさんとは違ってしまいました。でも、ヨッフムのドレスデン盤について、じゃくさんにこう言ってもらって、ちょっとほっとした気持ちです。自分もじゃくさんの言うように思うのですが、そう思う自分がおかしいのかと思っていましたもので(笑)。

>ヨッフムは、こういう当たり外れがでかいですが、あたったときはすばらしく、かけがえのないブルックナー指揮者のひとりですね。

そうですね。実はヨッフム、かなりいじっておられるんですよね。そこらへんがわかるようになったのも、最近のことです。

こんな話で盛り上がれて、ホントにうれしい限りです。ありがとうございました。

ぐすたふ369 | URL | 2010-10-27(Wed)23:56 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。