不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こんないい曲だったっけ?・・・・大フィル定期

合唱曲っていうのは、実際に聴くのとCDで聴くのとでは、全然違いますね。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第441回定期演奏会
ヘルムート・ヴィンシャーマン指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団・合唱団
市原愛(ソプラノ)・加納悦子(アルト)
櫻田亮(テノール)・河野克典(バリトン)
J.S.バッハ:ミサ曲ロ単調 BWV.232

実は、ぐすたふくん、この曲、いつも最初の「キリエ」を感動して聴いて、そのあとすぐ爆睡、という聴き方しかしてないんですよ、家でCD聴いているときは。で、今回の演奏会に際しても、お目当ては「キリエ」の出だし、でしかなかったんだけど・・・あにはからんや、ヴィンシャーマンおじさん、このキリエ、実にあっさりと終わっちゃうんですよね。いきなり肩すかし。

じゃあ、これ、この後寝るしかないじゃん、などと不埒なことを考えていた、不惑わくわくの極道クラオタおじさんに、ヴィンシャーマンおじさん「これこれ、なにをいっとるんじゃ。まだまだじゃのお、ふぉふぉふぉ・・・・・」と高笑い・・・なんのこっちゃ(笑)。

合唱曲は、実際にその場に身を置くに限る、と改めて思わされましたね。CDでは飛んでしまう、息遣いだとか、大勢の人間が息をそろえるときの肉感、リズムが刻む生命性、そしてそこから結果として生じてくる聖性、法悦感といったものは、ライブでないと感得しがたいものがあります。

それが一番感じられたのは、グロリアにおける、中間部「ドミネ・デウス」を挟んだ二つの合唱。この二つの合唱、前者はニ長調、後者はロ短調で、平行調の対比を見せるのだが、その表現の変化のなんともいえない劇的なこと。こんな曲だったなんて・・・まあ、これまで何回この曲CDで聴いたことかというぐすたふくんは、一体何を聴いていたというのでありましょうか?びっくりしましたねえ。そして、この短調をベースに置いた所から、「グロリア」の終曲「クム・サンクト・スピリトゥス」の輝かしい解決にいたる、まるでミサ曲というよりオペラのような、劇性をたたえた盛り上がりも見事。

休憩をはさんだ第二部もまた、振幅の広い表情をみせ、そして決して速くないテンポでじっくりと盛り上げていくヴィンシャーマンおじさん・・・・流石でありますな。でも、「ドナ・ノービス・パーチェム」の終結は、決して安っぽくならず、そこは「ミサ曲」、高貴な表情で長調への解決へ導き、気持ちのいい終わり方でありました。

でも長かったなあ・・・終演は、9時半ちょっと前くらい。

思ったのは、この曲、ソロよりもなによりも、徹頭徹尾「合唱」の曲なんですよね。これ、大変やったろうなあ。お察し申し上げます。やや、男声に破綻やほころびが見えたのが残念だったけれど、ソプラノがいい響きを出していて、それが今日の一番だったかもしれない。独唱陣では、テノールがいかにもバロックのソロといういい音を作っておられて、それが印象的だったです。

ヴィンシャーマンさん、御歳90歳、これでおそらくはお目にかかるのは最後になるだろうけれど、この長い曲、ずっと立ちっぱなし。締めるところはしっかり締めて、踊るところはしっかり踊り(この歳で!)、いやいや、すごい人です、やっぱし。

ここに来れて、本当に良かった。ヴィンシャーマンおじさん、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ぐすたふさま こんばんは、とお書きしますが、ご覧になるのは明日の朝かも

いいミサ曲でした。

朝から体つかって働いて、午後から彼岸のお参りして経文を唱えて、はたまた難波の道具屋筋に走って荒物を買込み、それを抱え込んだままそしてコンサートへ。

終演後はご案内していただいたアフターと、ただいま現在、まとまった感想を書く状況ではありませんが、明日はもっと沢山の方にヴィンシャーマンサンのバッハ神髄を味わってもらいたいもの。

そのためにも微力ながら何か書かなくては、と思いますが、ええい、この際、ちょっと大げさでも、あんな活き活きしたリズム、そしてかかる緊張感のドイツ系本格派は、マタチッチ以来知らない、なんて、ともかくここで吼えてといてみます。

それはともかくも、楽しい、尽きぬお話の時間、まことにありがとうございました。

古都百話 | URL | 2010-09-22(Wed)00:59 [編集]


Re: タイトルなし

> ぐすたふさま こんばんは、とお書きしますが、ご覧になるのは明日の朝かも

いえ、しっかり今、まだ飲みつつ読んでます(笑)。仕事大丈夫か、ということは聴かないでください(笑)。

> いいミサ曲でした。

そうですね。私、がーディナーしかもっていなくって、今聴き直しているのですが、今日のヴィンシャーマンさんのミサ曲を聴いてしまうと、この演奏、ちょっとせせこましくってイケません。もっとゆったりと、時間を愉しむ演奏がいいです、今日のように。神の存在に心を馳せるためには、時間をケチっちゃいけませんものね。

> あんな活き活きしたリズム、そしてかかる緊張感のドイツ系本格派は、マタチッチ以来知らない、なんて、ともかくここで吼えてといてみます。

ここらへん、京都百科さんならではの表現と思います。私には真似が出来ない。今回の演奏、仰っていたように、「聖」と「俗」の部分、ネイティブ・ジャーマンでなければ到底為しえないものがあったのかもしれない、とがーディナーのモダンな演奏を聴いて、改めて思っています。

> それはともかくも、楽しい、尽きぬお話の時間、まことにありがとうございました。

いえ、こちらこそ、感謝です。また、あのお店、行きましょうね(笑)。

ぐすたふ369 | URL | 2010-09-22(Wed)01:09 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。