不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年はこれで・・・おおさかクラシック第7日

どこが、一杯になれへんねん。

大阪 三井住友海上大阪淀屋橋ビル16F大ホール
大阪クラシック第77公演
大フィルトリオ(Vn:鈴木玲子、Va:岩井英樹、Vc:林口眞也)
タネイエフ:弦楽三重奏曲第2番ニ長調

こんな、どマイナーな曲にこれだけ集まりますか? すごいなあ・・・・なんとか座れたが、160席の座席は開場後すぐに一杯。立ち見が鈴なり、であります。300人とは言わないものの、優に250人は居たように思われまする。一方で、ほとんど同時刻、中央公会堂では違うアンサンブルがやっているわけだから、この入りは驚異的でしょう。

今年のスケジュールを見ると、注意深く同じ人ばかりが会場をはしご参加できないように組まれていて(逆に演奏者の方は、移動やリハーサルが大変だろうなあと思うけれど)、その意味では、のべ参加人数は若干減るかもしれないと思われるものの、正味の参加人数は確実に増加している、という印象を受けます。このことを実感出来て、今日は良かった。手を振るぐすたふくんとしては、ほっと胸をなでおろした、という感じですな。

「このビルにこんなホールがあるんなて初めて知りましたが・・・・存外にいい響きで」とは岩井さんの言。実際その通りで、絨毯が引かれている部屋なのにそれほどデッドではなく、弦楽合奏にちょうどいい暖色系のトーンを引き出してくれます。

Vnの鈴木さんの調子が2楽章からぐっと上がって、このロシアン・スケルツォの面白さが今日の1番。林口さんは、月曜日のプロコフィエフでも思ったけれど、ホントに上手な方だなあ、と思いました。Vaの岩井さんは、この達者な二人に囲まれて、名バイプレーヤーぶりを発揮、うまく響きをまとめておられました。

これで僕のおおさかクラシックは終わり、そして今年の夏も終わり。

ビルを出れば、昼下がりの御堂筋。これまでに比べればぐっと気温が下がって、秋の匂いが銀杏の緑をくすぐっている。スターバックスのアイスコーヒーをすすりながら視線を上げると、「大阪クラシック」のフラッグが街路を飾っている風景。また来年まで・・・・と軽く手を振った、今日のぐすたふくんでありました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ぐすたふさま こんばんは

大阪クラシックは、どんなものか良くわかっていないのですが、曲、とか、演奏家、とかではなくて、まず、出かけるという行動を楽しみ、未知のものに触れて、大阪住民の連帯感をたしかめる、といった行事になっているのでは、と拝察。

これが音楽会の、会というものの、意義の根のようにも感じます。

京都をどうするか、ということの方が大切ではあるのですが、となり町でこんなに盛り上がっているのに、ぜんぜん体験しないというわけには、むろん参りません。

そんな時間ができるようにすべく、またぞろ冬から粉骨してみたいものではあります。

古都百話 | URL | 2010-09-12(Sun)01:03 [編集]


Re: タイトルなし

京都百科さん、こんばんは。ちょうどいいタイミングでコメントをいただき、救われた気持ちになりました。

> 大阪クラシックは、どんなものか良くわかっていないのですが、曲、とか、演奏家、とかではなくて、まず、出かけるという行動を楽しみ、未知のものに触れて、大阪住民の連帯感をたしかめる、といった行事になっているのでは、と拝察。

いつもながら、鋭い洞察に感服いたします。

私は、「大阪住民の連帯感を確かめる」というよりも「大阪住民にとって大フィルという存在を確かめる」、と言い換えてもいいと思います。もっと拡大すれば「市民意識」ですね。「大フィルが、おらが街のオーケストラだ」という言節と「自分は大阪市民だ」(私に換言すると、「自分は大阪で働いているんだ」→「僕にとっての街は、この大阪だ」という言節になります)という言節が、ひとつのイメージでもって、たくさんの人の中で焦点を結ぶようになること、と思います。

私のHPのなかで、この5年間、大阪クラシックを語ってきましたが、この点については意識して書いてきたつもりです。

> これが音楽会の、会というものの、意義の根のようにも感じます。
>
というより、こういう「意義の根」がなければ、あの某知事の言節・強烈なイメージには対抗など絶対にできない、と思うんです。

大阪の人々にとって「大阪をどうするか」ということは、待ったなしの切実な問題であって・・・為政者任せにしておいてはいけない、それぞれが自分のできることを精一杯やるしかない、そう思っています。
>
> となり町でこんなに盛り上がっているのに、ぜんぜん体験しないというわけには、むろん参りません。
> そんな時間ができるようにすべく、またぞろ冬から粉骨してみたいものではあります。

来年の夏、またそれまで、私もがんばります。

ぐすたふ369 | URL | 2010-09-12(Sun)02:07 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。