不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

青春の輝き・・・大フィル定期

今季大フィルのベスト。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第440回定期演奏会(1日目)
大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
バルトーク:管弦楽のための協奏曲
シューマン:交響曲第2番ハ長調作品61

ダブルメイン、と言っていいプログラム。今季は、大植さんの回がすべてダブルメインの構成になっているのが特徴(ブラームス連続演奏会も含めて)だが、これは意図的なものなのか、どうなのだろうか?

明日が本来、僕が定期会員の日。先週のブラームスの時、わずかながら残っていた今日のC席が手に入ることがわかって、じゃあ例によってサイドから偵察、とばかりに気楽に購入、るんるん気分でやってきたのだが・・・・1日目からこれだとすると、明日は一体どこまで行くのだろう?

逆に考えれば、やはり大植さん、ここしばらくは調子が悪かったのかもしれないなあ。1日目より2日目の方がいいと感じることが多かったのは、大植さんの調子の悪さから、調子の良かったころに比べてリハーサルがあまり出来ない・進まない、という状況があった故なんじゃないか、と想像してしまいます。思い返せば、二日とも聴いたオルガン・アルペン・コープランド、この順番にだんだんと1日目の出来が良くなってきているのは確かだと思うもの。そして、今日は1日目からして、十分以上にオケ・ドライブが効いた状態に仕上がっていた、という印象です。

で、明日も聴くつもりなので簡単に書くけれど・・・・すごく拍手が薄かったので、僕は不満なのだが、バルトークが実に見事な仕上がりだったと思う。というより、そうそう、大植さんって本来、こういう演奏をする人だったんだよな、って思いましたね。軽いデジャ・ヴの感覚、といってもいいかもしれない。若々しい躍動感と突進力、監督就任初年度のスラヴ舞曲やバルトークのディベルティメントで、僕が胸ときめかせて聴いたそれ。だから、僕が今日のバルトークの中に聴いたのは、おそらくはミネソタ時代に満開であったであろうAge Oh!Wayの青春の輝き、と表現していい気がします。

そして、その一方でシューマンは、明らかにバーンスタイニッシェ・シューマニアーナ。僕が持っている、ウィーンフィルやPMFOを振った2番でバーンスタインが聴かせた音楽の残像が、そこにある。独特のアゴーギグ(いちばんよくわかるのは、2楽章第1主題の末尾でテンポを落とす節回しですね)が見せる振幅の大きな表情の変転、そして16型フルサイズの弦を決して力任せにではなく、ふくよかに鳴らし響かせるサウンドのえもいわれぬ芳香。

素晴らしいシューマン、だと思います。これもまた、20年前のPMFOの記憶につらなるもの・・・・大植英次の原点のひとつ、ですよね。

ただ、残念なのは今日の入りが必ずしも良くなかったこと。なんでなのかなあ・・・・・プログラムのせいなのかしら?

強く強くぐすたふ君は言いたい。これを聴き逃すと、きっと後悔しますぜ、みなさん。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ぐすたふさん、1日目も来られたのですね!
今日は招待席で最悪でしたが、気になりませんでした~美しい演奏でしたね。
私はシューマン余り聴いてなくて、この2,3日繰り返し聴いて、今日も道中バーンスタイン/VPOを聴きながら行ったんですが~師匠へのオマージュみたいに感じました。
>ただ、残念なのは今日の入りが必ずしも良くなかったこと。なんでなのかなあ・・・・・プログラムのせいなのかしら?

席が余りに前の方過ぎて全体の入りがよくわからなかったのですが、ややお安いクワイヤ席はほぼ満員だったと思うに・・・経済的な問題もあるかも。
定期に、ブラームスティクルスに、いずみ古典派シリーズと連続演奏会が今年は多いので家庭内の仕分が行われたかもしれませんよ( 一一)

jupiter | URL | 2010-07-09(Fri)01:44 [編集]


期待大ですね

2日目にいきます。
実は結構楽しみなプログラムでした。

バルトークはあまり得意な作曲家ではないのです。
きっと監督が自分の思い込みを打ち砕いてくれるって期待してチケット買いました。
ぐすたふさんの感想よんでますます期待大ですね。

客の入り悪いのは・・・最近1日目の出来がよくなかったのと、景気の問題かもしれませんね・・・
2日目は満員ではないでしょうか。

けんちゃろ | URL | 2010-07-09(Fri)06:40 [編集]


Re: タイトルなし

Jupiterさん、おはようございます。コメントありがとうございました。

> 私はシューマン余り聴いてなくて、この2,3日繰り返し聴いて、今日も道中バーンスタイン/VPOを聴きながら行ったんですが~師匠へのオマージュみたいに感じました。

そうですね、本当にバーンスタイン節満載で・・・「先生、ここはこうでしたよね」という大植さんの言葉が聴こえるみたい。でも、それだけでは当然なくって、大植さんの「でも先生、ここはこうしたらもっと美しい・・・どうでしょうか?」というところもあって・・・・なんとなく、じいんとしてしまいました。

もし、よろしければ、「バーンスタイン最後のメッセージ」というPMFOのDVD、ごらんになってください。

> 席が余りに前の方過ぎて全体の入りがよくわからなかったのですが、ややお安いクワイヤ席はほぼ満員だったと思うに・・・経済的な問題もあるかも。

そうなのかなあ・・・確かに、兵庫県立の定期も当日券が相当出るようになってきてますし、クラシックの演奏会、全体に客足が減っているのかも知れませんね。

ぐすたふ369 | URL | 2010-07-09(Fri)07:11 [編集]


Re: 期待大ですね

けんちゃろさん、早速のコメントありがとうございます。

> バルトークはあまり得意な作曲家ではないのです。
> きっと監督が自分の思い込みを打ち砕いてくれるって期待してチケット買いました。
> ぐすたふさんの感想よんでますます期待大ですね。

大植さん、バルトークは得意、と思いました。前聴いたディベルティメントも瞠目すべき演奏でしたし。

この人、実は近現代ものに際立ったセンスを持っていると思います。そこらへんがクローズアップされることがあまりないだけだと思いますね。

> 客の入り悪いのは・・・最近1日目の出来がよくなかったのと、景気の問題かもしれませんね・・・
> 2日目は満員ではないでしょうか。

そう期待したいです!!

ぐすたふ369 | URL | 2010-07-09(Fri)07:15 [編集]


残念ながら2日目も満員御礼ではなかったけれど、明らかにブラボーが多かったですね!
>もし、よろしければ、「バーンスタイン最後のメッセージ」というPMFOのDVD、ごらんになってください。

このDVDもってるのですが、大植さん若い!カンフースターみたい!佐渡さん、でかっ!新日本プロレスと間違われるはず!、バーンスタイン、息切れ、痰絡んでるなぁ
そんなことばかり印象に残ってるんです、もう一度真面目に観直します。

jupiter | URL | 2010-07-13(Tue)12:16 [編集]


Re: タイトルなし

Jupiterさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

> 大植さん若い!カンフースターみたい!佐渡さん、でかっ!新日本プロレスと間違われるはず!

いやいやいや、全くその通りでありまする。大植さん、このころ「オーラのおっさん」と言われてたらしいですね。なるほど、カンフーであります。

佐渡さんも、新日本プロレスと間違われても腕立て伏せができなかった、そんなころでしょうかねえ。

たかが20年、されど20年、それぞれの20年・・・私も、歳をとるはずであります。

ぐすたふ369 | URL | 2010-07-13(Tue)20:41 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。