不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1Q84 Book3

今日朝から一日がかりで読み終わりましたよ、1Q84 Book3。

実は、こすもすが発売とほぼ同時に買ってきて先に読んでいたので、僕としてはそのあとで一気に読もうと思っていた次第。

で、予想好きのぐすたふくん、今回のBook3に関しては、二つ予想していたことがあるんですよ。

その1.
Book1とBook2が、平均律クラヴィーア曲集のBook1、Book2に対応していて、それぞれ24の章からなり、12対になっている。だから、平均律にBook3がない以上、1Q84にもBook3がない、という可能性もありうる。ただ、Book1が3-6月、Book2が7-9月となっている以上、10-12月がある可能性は十分にあり、その意味ではBook3はありうるが、そうなると一体その体裁として、章の数としてはどうなるか?それを類推した場合、可能性として高いのはゴルドベルク変奏曲の30変奏プラスアリア、だろう。プロローグ、エピローグにはさまれた30章構成になるのではないだろうか?

その2.
Book3がもしあるなら、その内容の焦点は、青豆がどうなっているか、という点に絞られる。Book1とBook2のストーリーは「女性的なるものによる男性の救済の物語」と要約されるとぐすたふくんは思うので、もしBook3が書かれるとするならば、そこでは青豆が救済されなければならない、と思う。

で、このことについては、読む前にこすもすにも話してました。すると果して、章構成は、30プラス1章!!ううむ、これ、当たったとみるか否か。

その2に関しては、ほぼ当たっていたと思いますね。

で、こすもすと先ほどまで飲みながらしゃべっていたのだが・・・・Book3は、書かれるべきであったか、書かれるべきでなかったか。二人の結論は、「無くても別に良かったかもしれない。でも、読者としてはあった方が良かった。だから、このBook3は、村上さんの読者サービスなんじゃないかなあ」というところです。

これは、主にこすもすの意見で、確かに僕もそうやなあ、と思いました。だって、描かれるべき小説的イメージやメッセージといったものは、すでにBook1とBook2で全て提出されてしまっていて、Book3で新たに提示されるものはそれほど多くは無いんですよ(確かに牛込に付託されたイメージはBook3に特有のものだけれど、僕の印象としては、彼は、天吾と青豆を結びつけるためと、1Q84というパラレルワールドを閉じるために、仕方なしに呼び出された、単なる狂言回しにすぎないと思う)。

僕は、村上春樹の小説にとって「ストーリー」とは、そこに込められたメッセージや喚起される非言語的なイメージのための手段にすぎず、二の次三の次だ、と思ってるんです(これは、読者にとっては自明のことで、わざわざ文字にするなんて野暮なことなのかもしれないが)。その意味では、Book3は、Book1・2をただただ長く引き伸ばしただけにすぎない、ともいえるし、あのままで終わってしまっても良かったんじゃないか、という気持ちもどこかにあることは否定できません。

でも、「物語」としてBook3を読むことは、非常に楽しい作業だと思う。Book1と2で、????だったことが、ああそうやったんや、とすとんと胸に落ちるように作られている。そういう伏線だったんだ、うんうん、なるほどなるほどと。ただ、そうすることで、若干安くなってしまったんじゃないかしら、という気持ちもあったりするんですよね。特に、ラストなど、叩こうと思えばいくらでも叩けるし、山羊の口からでてくるリトルピープルのイメージのリフレインや、階段を下りて1Q84のパラレルワールドに来たのだから当然ここから出ようと思えば・・・・、などの仕掛けなどは、僕でも容易に想像がつく程度のもの。

だからまあ、僕としては、読ませてもらえてありがとうございます、でも出来はいかがなものでありましょう?といったところでありましょうか?

で、ネットではBook4のことを書いている記事もありますが、それは絶対にあり得ないと思う、とは断言しておきましょうか。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

1984止まり

ぐすたふさんこんばんは。僕はまだIQ84のBook1、2を未読というありさまです。去年読もうと思ったとき、本屋の同じところにオーウェルの「1984年」が並べてあったので、それではこれを先に読んでからにしよう、と思ってオーウェルのだけ買いました。それを読んですごく強烈だったのですが、強烈すぎてかそこで一時停止してしまって、まだ買ってないんです。いずれ必ず読むつもりですが。

じゃく3 | URL | 2010-05-03(Mon)23:13 [編集]


じゃくさん、コメントありがとうございました。

実は、オーウェルの方は読んでいません。ちょっとしんどいやろうなあ、と思ったもので。

そうですね、やっぱり読まなくちゃいけませんよね(笑)。前向きに検討いたします(^^)

ぐすたふ369 | URL | 2010-05-04(Tue)12:22 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。