不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アルペンの1日目よりは遥かに良かったが・・・大フィル定期

ひとこと、立派、と声をかけたい、です。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第437回定期演奏会
大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
ピアノ独奏 アンドレアス・ヘフリガー
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」作品73
コープランド:交響曲第3番

実を言うと、いろいろ職場であったもので、皇帝の1楽章には間に合わず。2楽章から立ち見してました。

しかし、このピアニスト、酷かったなあ・・・勢いに任せてがしゃがしゃ引き散らかすタイプのようで、ここまでミスタッチが多いと、いくらダイナミズムやグランドマナーを披歴する方向でのベートーヴェンだと居直ることが可能だとしても、感興を殺がれることはなはだしい。あまり、ぐすたふくん、ミスがどうの、あそこが違っただの言いたくはないのだが、今日の彼の演奏を聴いていると、「ベートーヴェンは、すべての音符に意味があるのだから、それらが正確に打鍵されることが最低限必要なことであって・・・・」という、ちょっと嫌味なクラオタ的言説を弄したくなってしまいます。こんなこと思わされた人、久しぶりですよね。しかも、この間のカプソン君同様、カーテンコールもえらくぶっきらぼうで、当然アンコールもなし。まあ、好意的にみれば、今日の演奏、納得のいくものではなく、自分で自分に腹を立てていた、のかもしれないけれど。

この皇帝の時には、それなりに入ってるなあ、と思っていたのだが、いざ今日の舞台袖のバルコニー席に座ってコープランドに臨むと、あにはからんや、入りは決して良くないことに気付く。曲のせいなのかなあ。

結論から書いてしまえば、今日の演奏は、立派、だと思いました。

もひとつ結論を書いてしまうと・・・・多分、今日の演奏、オケの演奏精度をしてああだこうだと批判や非難をすることは、いともたやすいことだと思うんですよ。正直、傷だらけ。ヘフリガー君のピアノ以上、ですね、これは否めません。

でも、音楽は収斂していて、特に2楽章あたりから俄然「内的緊張」をたたえ出し、3楽章のややビターな抒情や、4楽章の(やや乾いた)人間賛歌の高揚など、十分な内容をそこに盛ることができていたと思うんですよね。この点、アルペンの1日目とは違っていた、と思います。

とにかくこの曲、ブラス(特にペット!!)が大変!!!!!!だって、あの「市民のファンファーレ」のハイトーンが、最後の4楽章になって、これでもかこれでもか、と出てくるんですよ。2楽章のダンス・ミュージック、これを吹き通すだけでもたいへんやろうなあ、というくらいの(ほとんどブラスバンド並み、いやそれ以上かも)ところを通り抜けてきて、その先にこの4楽章がある・・・・これってどうよ?今日、生で聞いてみて、この4楽章の難易度、半端やありまへんで。もともとコープランドが想定していたは、ボストン・シカゴといったアメリカのスーパーオケなんやろうなあ。シカゴのあのブラスならば、これを難なく吹ききることができるのだろうが・・・・極東の非ヴィルトゥオーゾオケには、きついものがあるなあ。

だからこそ・・・と、ぐすたふ君は思うんですよ。よくぞここまで、と。

でも、そう思った聴衆はそう多くは無かったようで、十分な量感で締めくくった割には、沸き起こった拍手は気の抜けたサイダーのよう。ブラボーもなし。ぐすたふくん、これには抗議の意をこめて、あえてスタンディングで拍手を送りました。

どれほど立派な仕事であったか、そのことを理解してほしかったなあ・・・・聴衆も、おそらくは金輪際聴くことはないであろうこの曲をやってくれたこと、それを感謝する、という気持ちもあってよかったんじゃないか、と思うけど。

でも、ひそかに二日目がどうなるのか、それに期待胸ふくらますぐすたふくんなのであります(笑)。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ぐすたふさま とりいそぎ

な、なんと、20日の大フィル京都公演まで、行かれなくなりました。大変に御迷惑とは思いますが、切符、送らせていただいてもよろしいでしょうか。せっかくですので、どうぞよろしくお願いいたします。(明日、または明後日の早くに投函、月曜必着、となります。)

古都百話(京都百科) | URL | 2010-04-17(Sat)00:44 [編集]


Re: タイトルなし

> ぐすたふさま とりいそぎ
>
> な、なんと、20日の大フィル京都公演まで、行かれなくなりました。大変に御迷惑とは思いますが、切符、送らせていただいてもよろしいでしょうか。せっかくですので、どうぞよろしくお願いいたします。(明日、または明後日の早くに投函、月曜必着、となります。)

大変ありがたいお申し出、恐縮至極ではありますが、私も行かれそうにありませぬ。可能性はゼロとは言いませぬが、限りなくゼロに近い、という状況でありまする。

せっかく頂いたもの、無駄になっては極めてつらいものがございますゆえ、他の適当な方にしていただけませんでしょうか?

ぐすたふ369 | URL | 2010-04-17(Sat)01:26 [編集]


ぐすたふさま こんにちは 大変に失礼いたしました

仰せの通り、別の方にご案内いたしますね。

また会場では、どうぞよろしくお願いいたします。

とりいそぎ

古都百話(京都百科) | URL | 2010-04-17(Sat)09:39 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。