不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

センチュリーの思い出

今改めて整理してみると、僕とセンチュリーの関わりは、2003年に聖響君が専任指揮者に就任する記念の定期が最初。そのあと、2004年に飯森君のフレッシュコンサートと、小泉さんのドイツレクイエムをきいただけだったのだが、その年に、C席が翌シーズンから定期席になることがアナウンスされて、その破格の安さ(確か1万3000円だったと思う)から、募集初日に電話をかけた、それがこのオケと関わるきっかけ。その素早さは、そのあとご一緒することになった隣の席のおばさま方から、「あっという間にその席、なくなってましたけど、あなただったんですね」と言われたくらい(笑)。

良い席だったんですよ。3階席だけど、横にもたれられて、そしてはっきり舞台も見えて、音も良く、そしてなにより安かった。2005年から、7年間維持したんだなあ。

通ったコンサートは、数えて41回。そのうちの21回は小泉さん。半分は小泉さんだったんですね。やはり、主席・監督、ということなんでしょう。

でも、7年間会員だったら、本来は70回行ってても良さそうなのに、なぜそうはなってないか、というと・・・・このオケ、危機が表面化するまで、定期演奏会の日程が本当に悪かったんですよ。ウィークデーのそれも火曜だとか水曜に平気でブッキングする。普通に働いてたら、そんなところに演奏会に行けませんって。加えて、水曜日は仕事の関係で、絶対に行けなかったんですよ。そんなもので、会員になっても半分も行かない年が続いたんです。でも、破格の安さだから、それでもいいか、って思ってた節は確かにあります。

おそらくは、シンフォニーホールと相談して、わざとそういう人気の無いところのスケジュールを埋めていたんじゃないかな。公共オケだから、民間を邪魔しないように、そういうことが言われていたらしいですからね。

曲目のリストを整理して眺めてみると、いろんなことを思い出す。この中で一番を選べ、と言われたら、やっぱり、沼尻君の「ジャンヌ・ダルク」だろうな。これは衝撃的な経験だった。おそらく、2度と経験できないと思います。

2番目は、カリユステの振った、デュルフレの「レクイエム」。こうして見ると、やはり声楽のはいった作品の印象が強い。こういう作品、よっぽどのことがないと接する機会がない、そのことが大きいと思うな。

このことを想う時、やっぱり興行的にどうであれ、定期演奏会には音楽的に意味のある(オケにとっても聴衆にとっても)作品をある程度やるべきだ、というのは事実だと思います。その「芸術体験」がなければ、聴衆も不幸だし、オケも不幸だと思う。

来季のプログラムに対する批判として、改めてここに書かせてもらいます。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。