不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

僕がヒンデミットが好きな理由

ぐすたふくん、中学2年生の時にマーラーの「復活」にやられて以来、当然のようにマーレリアンで、マーラーが好きなのは本当です(いまさら、ですよね)。

でも、当時(1970年代後半)ではマイナーな存在だったマーラーも、いまや超メジャー作曲家。いまさら、マーレリアンだなんて言っても、まあそらそうでしょう、それで?って感じになっちゃいました。

マーラーがそうなっちゃったもんで・・・・村上春樹のプーランクが好きだっていう文章を読んで、そういう極めてパーソナルな、他の人があまり知らない、宝物のような作曲家がいる、そのことがうらやましく思えちゃったんですよ。そう言える作曲家が、改めて僕にもあったらいいなあ、って思ってたんですけど・・・・ようやく、このごろ、それって僕にとってはヒンデミットなんじゃないかなあ、って思うようになりました。

実はヒンデミットはかなり多作の作曲家で、そうでありながら録音が少なく、そういう意味では、僕がどの程度ヒンデミットを聴いているか、と言われると、ううむというところ無きにしもあらずだけれど・・・でもまあ、ほとんどの管弦楽作品と、重要な室内楽作品・ヴィオラ作品・ピアノ曲には耳を通しているし、実際大学時代に弦楽四重奏のための小品も弾いているので、まあ平均的なクラシックリスナーよりは聴いている方といっても良いんじゃないかなあ。

この人の魅力は、その独特の「味」ですね。苦み、と表現するのがぴったりな、それこそ「大人の味」(「画家マチス」の独特の和声なんかが、良い例)。モダンジャズに通じるものもあるような気がするなあ(カンマー・ムジークなんて、ほとんどコンボ・ジャズみたい)。そして、バッハに比肩するほどの、対位法の見事な構築性。それが、なんとも幾何学的な美しさを湛えるんですよ。「ピアノ・ソナタ」なんて、音を間違えたバッハと言われたこともあったらしいが、そこがまたいいんですって。

弾いたときも、なんともいえない「弾く愉しみ」が改めてそこにあるのを感じて、驚愕した思い出がある。これが、ヒンデミットが演奏者に好かれる(グールドがヒンデミットを偏愛していたのは有名)所以なんでしょうねえ。

でも、他の人に聴いてほしいとは思いません。だって・・・・パーソナルなものにしておきたいんだもん(笑)。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

仮面のヒンデミット

ぐすたふさんこんばんは。ヒンデミットといえば、昔どこかで読んだ文章に、「仮面のヒンデミット」という評があって、なかなかうまいこというな、と思ったものでした。当時ヒンデミットの音楽を聴いていると、ホントのところ何を言いたいのか良くわからない、という風な印象のことが多かったので、その表現が僕のつぼにはまったのだと思います。

でも、ヒンデミットのヴィオラソナタ集を聴いたときは、衝撃的でした。ここには仮面のないヒンデミットがいる、と強く感じて、好きになりました。

もっともそれ以降、それほどヒンデミット作品を聴かずに今日まで過ごしています。きっと、聴き込んだり、あるいは弾いたりすると、一見仮面のように見えるその下の素顔が、いろいろ見えてくるのかもしれませんね。

じゃく3 | URL | 2012-03-05(Mon)23:11 [編集]


Re: 仮面のヒンデミット

じゃくさん、こんばんは。こんな記事に、コメントいただき有難うございます。

> ヒンデミットといえば、昔どこかで読んだ文章に、「仮面のヒンデミット」という評があって、なかなかうまいこというな、と思ったものでした。

ヒンデミットは「仮面」で、ストラヴィンスキーは「カメレオン」、ショスタコーヴィチは「二重言語」・・・・20世紀の作曲家、というのは、同じような言葉を被せられていることに気が付きます。


>当時ヒンデミットの音楽を聴いていると、ホントのところ何を言いたいのか良くわからない、という風な印象のことが多かったので

実は、私も同感で、「何を言いたいのか良くわからない」、というのは、ヒンデミットに限らず、20世紀の作品を聴いたときに、私もしばしば思った感想でした。

しかし、「芸術作品は、なにかそこに、言いたいことがある(はずだ)」という言説は、昔、ニューアカが流行った時の言葉を借りるなら、「意味という病」なのかもしれないなあ、と思ったりしています。

実は、ヒンデミットは、そういう「意味」から強烈に離れること(これも、ニューアカの言葉を借りるなら、「ずれていく」「差異を生み出す」こと)を指向していたんじゃないか、と思ったりしています。これをして「仮面」という表現で呼ぶことも、可能かもしれませんけれど。

> でも、ヒンデミットのヴィオラソナタ集を聴いたときは、衝撃的でした。ここには仮面のないヒンデミットがいる、と強く感じて、好きになりました。

ヴィオラソナタは、私も大好きで、バッハに無伴奏を捧げてもらえなかった可哀そうなこの楽器に、音楽の神様が遅ればせながら届けた贈り物ではないか、とも思ってしまいます。名作中の名作ですよね。

今は死語となった「前衛の時代」・・・・それを生き残らねばならなかった作曲家は、そのためにいろんな「仮面」と「衣装」と「鎧」を身につける必要があった、ということなのかなあ、と思っています。でも、今から思えば、「前衛」ってなんだったんでしょう? その先は、クラインのつぼのようにねじ曲がっていて、列の一番最後尾に連なっていた、という落ちも、あながち笑えないジョークに思うこのごろです。

ぐすたふ369 | URL | 2012-03-05(Mon)23:36 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。