不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

田園を背景にハルサイが屹立する・・・・大フィル定期

「ハルサイ」のための演奏会、ですね、明らかに。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第455回定期演奏会
大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」

明日も行くので簡単に・・・・

正直に言ってしまえば、今回のプログラムは「田園」は「ハルサイ」が後半に無かったなら、たんなる退屈な演奏以外の何物でもなかったんじゃないか、と思います。

いろいろ細かい表現や仕掛けを丹念に織り込んだ「田園」だったと思うけれど、いかんせん音楽が開いて行かないもどかしさに終始していて、せっかくの6楽章も今一つ法悦感に乏しく、聴いていてうーんと思ってしまうような演奏。

でも、大植さんというひとは、同じ曲を、違う文脈、違う風景に変えてしまう人。これは、何かあるな、と思っていたら、後半の「ハルサイ」を聴いて、なるほどと。

極端な話、「田園」は「ハルサイ」の合わせ鏡。もしくは、背景と前景。モナリザと、その背景。そういうことだったんじゃなかろうか。

「ハルサイ」は掛け値なし。変拍子のなかでフレージングを歌わせようとする大植イズムが生み出す、緊張感あふれる熱演。無機的、幾何学的な美を追求するよりも、むしろ、そこに情念のような濃厚な気を漂わせる、不思議な魅力に満ちていたように思います。

大フィルも、プロの仕事らしい、良く練れた演奏で応えていたが、第1部の「二つの対立する種族の遊戯」で大きな事故があったのは残念でした。

さて、明日は?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

春の祭典のためのコンサート

ぐすたふさんこんばんは。
そうですか、春の祭典のためのコンサートときいて、俄然興味が倍増してきました。明日、馳せ参ずる予定です。楽しみです。

じゃく3 | URL | 2012-02-17(Fri)01:19 [編集]


Re: 春の祭典のためのコンサート

じゃくさん、おはようございます。

> そうですか、春の祭典のためのコンサートときいて、俄然興味が倍増してきました。明日、馳せ参ずる予定です。楽しみです。

夜遅くの更新にも関わらず、しっかり読んでくださり恐縮です。

終演後、お会いしましょう(笑)

ぐすたふ369 | URL | 2012-02-17(Fri)07:28 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。