不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いや、やっぱりハイドンがいい・・・・大フィル定期二日目

やっぱり、ハイドンが掛け値なし。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第454回定期演奏会(二日目)
大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
ハイドン:交響曲第92番Hob.I92「オックスフォード」
ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」

大フィルのブログにもちゃんと書いてあるように、そしてプログラムに挟みこまれた大植さん自らのコメントにもあるように、このハイドン、配置が独特。基本は8-8-6-4-2の弦セクションなのだが、それが、左右に(8-0-3-2-1)と(0-8-3-2-1)のように配される。要するに、バックに通奏低音を従えた二つのヴァイオリン群が対峙する、と言った格好。その二群に挟まれるようにして中央に管楽器群が座す、といった塩梅で、実際に聴いていると、通奏低音にそれぞれが支えられた三声がアンサンブルしている、という構造が非常に明快に聴こえてくる。そのことが、非常に面白かったですね。

特に、それが効果的に分かったのは、4楽章の開始で、この部分、ファーストヴァイオリンとチェロだけで始まるのだが、このチェロが、オブリガートチェロ一丁ではじまるものだから、丁度左弦楽群から音楽が始まる、と言う格好になるんですよ。左弦楽器群→左弦楽器・管楽器群vs右弦楽器群→Tuttiと拡大していくのが目に見えてわかる、という具合。

帰ってきてスコアを確認したところ、ハイドンは最初から最後まで、一貫してチェロパートを、オブリガートチェロとチェロ・バスの二つに分けているのだけれど、大植さんはこのオブリガートチェロを、基本的にトップチェロ一丁にしていたみたいです。ところが、僕が持っているCDでこれをチェロ一丁でやらせているのは皆無。

そんなもので、この扱いが僕がこれまで聴いたことのない新鮮な響きを聴かせてくれるんですよ。それは例えば、一楽章の序奏で、柔らかなヴァイオリンとヴィオラの和声の雲の中、チェロがソロが朗々と対旋律を歌う美しさ、そういったところ。

大植さんのハイドン・サウンドのモダンさの表出は、これにとどまらず、3楽章のトリオでまるで地虫がじーーとうなるような音が聞こえたり(これは、一体だれが弾いてたんだろう?探してもわからなかったです)、4楽章でおならのようなホルンのゲシュトップが聴こえたり、といろいろ不意打ちのような音が飛び出してくる。これも面白かったなあ。

またテンポも絶妙で、突然のストップや、突然のテンポダウンなんかもそこかしこに仕掛けてくる。ここらへん、どこまで許されるか、という話もあるかもしれないけれど、ハイドンの音楽の基本はユーモアとウィットなんやから、曲の様式感が許容する範囲でいろいろやるのは、それこそハイドン自身も想定の範囲なんでしょう(帰ってきて、ラトル・ベルリンフィルの演奏をダウンロードして聴いたら、口あんぐり。こっちの方も凄いなあ、好き放題やってますねえ)。

こういう音楽の楽しいことと言ったらないです。これだけ楽しい演奏を聴かせてもらってるのに、なんでみんな演奏後ずのーーんなんやろ、と昨日書いたけど、今日はそこそこ笑顔がありました。拍手も、昨日はこれだけの演奏にこれはないやろ、と言う拍手だったが、今日は充分なレスポンス。よかったよかった。

でもって、英雄は、逆にもっといろいろとやって欲しいぐすたふ君にとってみれば、あたりまえの正攻法の演奏なもので、こんなもんか、てなもんで・・・・まあ、なんて不遜なクラオタなんでしょうねえ、私って(笑)。

でも、ボッセさんに捧げる演奏ですもん、それでいいんですよね、大植さん。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ぐすたふさま こんばんは

もちろんこの記事拝見しておりました。(ninjaでご存知?)

大植さんのベートーヴェンサイクルの時に、結構エロイカ勉強しなおしましたもので、この27日もちょっと食指がうごいたのですが・・・

ところで本日夕刊にボッセさんのことが出ていましたね。90歳。この日予定だったスコッチを、センチュリーで聞いたことを思い出します。

古都百話(京都百科) | URL | 2012-02-01(Wed)23:49 [編集]


Re: タイトルなし

>
> ところで本日夕刊にボッセさんのことが出ていましたね。90歳。この日予定だったスコッチを、センチュリーで聞いたことを思い出します。

今日だったんですね。合掌

私も、そのスコッチ、聴いていました。

その時の感想は、あまりセンチュリーのコンディションが良くなく、「結果としてみてみれば、必ずしも期待通りの出来とは言えなかったように思う・・・それは、もしかしたら僕の方の問題なのかもしれないが」で始まる辛口のものだったですね。

でも、「良かったのは、ベト2の4楽章、そしてスコッチの1楽章と4楽章・・・・ここでは、独特のアーティキュレーションが生み出す表現の面白さ・・・・なかなかに聴かせてくれていました」との記述もあります。この時も、ボッセさんの魅力をここに僕は聴いていたんだ、と思いました。

でも、この時期にコンサートゴーアーをやっていたこと、そのおかげでボッセさんの演奏に4回も通えたこと・・・ご一緒させていただけたこと、本当に感謝、です。

有難うございました、マエストロ。

ぐすたふ369 | URL | 2012-02-02(Thu)00:07 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。