不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

広上・京響の第9

いい演奏会でした。

京都 京都コンサートホール
京響特別演奏会「第九コンサート」
広上淳一指揮 京都市交響楽団
京響市民合唱団、京都市立芸術大学音楽学部合唱団
フルート独奏 清水信貴
ハープ独奏 松村衣里
ダマーズ:フルート、ハープ、弦楽のためのデュオ・コンチェルタント
ベートーヴェン:交響曲第9番二短調「合唱付き」作品125

この間の日記にも書いたけれど、33年ぶりの京都での第9、当然、広上さんの第9を聴くのも初めて。

まず、ダマーズが秀逸。フルートとハープがソロをとるフランスものなんて、まあ、京響のためにあるような作品。真冬だというのに、まるで春の温かな風がふううううっと舞台から吹いてくるような、華やかな色彩に満ちたその響きは、陶然とする瞬間に事欠かない。清水さんのフルートと松村さんのハープ、このペアが京響の中にある、ということの幸せを再認識させてもらいました。

第9については、一言、「広上・京響の第9って、こんな音がするんや」・・・なにをいっとるんやと思われましょうが、これが正直な感想。

それは、まず、最初の空虚五度から昂揚して最初のフォルテに至った時の響きで思い知らされる。これを、言葉で表現するのは至難の業。ただ、明らかに、僕がこれまで聴いてきたどの第9の音とも違う、と思う。大フィルの腹に堪えるようなサウンドでもなく、いわんや昔の京響の第9の音でもない。

終演後、京都百科さんとスコッチを片手に話しあった時に、互いに意見が一致したのは、おそらくは、この音が、広上さんがこれまで4年にわたって京響と創り上げてきた「京響のベートーヴェンの音」なんだろう、と。

これまで、僕がこのブログで繰り返し書いてきたが、広上さんが来るまでの京響のベートーヴェンなんて、一人ひとりの奏者が頑張っているのはわかるけれど、それが決して良い結果につながっていない、というサウンド。硬く硬くなるばかりで、鳴らない、開いて行かない。うちの母親も、いわんやこすもすまでもが「京響、ベートーヴェンなんてやめたらいいのに」とまで言い切った音。

それが、ここまでになったんだ。

広上さんは、1楽章の複付点を、2楽章の付点八分を明瞭に振り込む。そのことで、音の輪郭が立っていく。そのくっきりしたフィギュアのなかに、整理された立体的な響きが立ちあがって行く・・・・こう表現するのが、僕としてはやっとだけれど、ああ確かにこれこそが、今の「広上・京響」の音なんだな・・・そうぐすたふくんは何度うなずき、何度その響きを聴ける幸せというものを想っただろう。

今日は、このことだけでも十分すぎる演奏会だなあ、そんな風に思いました。

総勢200人になんなんとする巨大な合唱団は、圧倒的な音圧。ただ、ソプラノがいまひとつ濁っていたのが残念かなあ。ただ、男声は60人余りの劣勢ながらなかなかに立派な歌唱を響かせていて、敢闘賞もの。拍手をおくるにやぶさかではありませぬ。

全席完売、満員御礼の会場は、第9に相応しい祝祭感を湛えたもの。でも、もうちょっと温かい拍手を盛大に送ってあげてもいいのになあ、と思ったのはぐすたふくんだけかしら。

今日の京都の第9を心にしまって、さあ、30日の大阪に向かいましょう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ぐすたふさま こんばんは

お宅の方向にむかって、今夜はコニャックのさかづきをあげましょう。

ところで、お書きの

 『一人ひとりの奏者が頑張っているのはわかるけれど・・・』

ほとんど同じことを考えておりました。広上さんの約二年の根気強いベートーヴェンプログラミングのお陰で、京響のメンバーは一致したベートーヴェンのイントネーションを発見し、身につけたのだろう、と。

この第九を到達点として、再出発を期した広上さん。一方、大植さんは告別の第九。大阪のレポ、楽しみに、たのしみに待っています。(私はこれから京響のまとめまとめ)

さて、こちらのコメントでお邪魔するのも、これが今年最後でしょうか。年末のご挨拶をしなくてはなりません。

  どうぞみなさま、つつがなく新年をお迎えくださいませ。
  (端正辛口のママさまにもどうぞよろしく)

古都百話(京都百科) | URL | 2011-12-29(Thu)01:21 [編集]


Re: タイトルなし

京都百科さん、おはようございます。
>
> お宅の方向にむかって、今夜はコニャックのさかづきをあげましょう。

いただいたコニャック、私は今宵に封を切らせていただきまする。

> この第九を到達点として、再出発を期した広上さん。一方、大植さんは告別の第九。大阪のレポ、楽しみに、たのしみに待っています。(私はこれから京響のまとめまとめ)

ありがとうございます。満を持しての、今回の第9、さすがは広上淳一、ここまで周到に用意されたということでしょうか。

オーケストラに常任や監督としてかかわる時、やはりベートーヴェンをしっかりとやる、ということが一番の目標になるのだなあ、と。広上さん、大植さん、ともにそれをしっかりとやられた、そう感じます。これができるかできないか、それが指揮者としての器量・力量ということなのでしょうか。

>   どうぞみなさま、つつがなく新年をお迎えくださいませ

こちらこそ。奥様にもどうぞよろしくお伝えください。

ぐすたふ369 | URL | 2011-12-29(Thu)10:35 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-01-13(Fri)21:44 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。