不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アルヴァマー序曲

明日の大フィルの演奏会にはぐすたふくん、行かないんですけれど、大フィルのブログを見ていると、アルヴァマー序曲に関する熱い文章が載っていました。

ブログを検索しても、なかなかみなさん熱い!!

「そのバーンズ様の世界的代表作にして、青春時代を吹奏楽に捧げた人なら恐らく誰もが一度は演奏した(もしくは憧れた)であろう、この『アルヴァマー序曲』は、「聞くよりも、自ら奏でて初めて輝く曲」であり、どんな部員をも熱くさせる不思議な魔力を持っている。

「吹奏楽コンサートなんかでたまたま聞いた人の耳には、「ああ、カッコいい曲だな」ぐらいにしか思わないかもしれないが、実際に演奏した者には――とりわけ、吹奏楽コンクールの自由曲として日夜練習に取り組んだ者には、不滅の輝きをもって心に刻みこまれる、まさに「永遠の青春賛歌」なのである」

You tubeにも一杯アップされていて、良い曲ですねえ。初めて聴きました。熱くなるのもわかります。青春の熱さと、切なさを併せ持った、胸に甘酸っぱいものが去来する曲。

ぐすたふくん、ブラバン経験者じゃないので、こういう曲全然知らないんですよ。そう言えば、大学のオケの時には、ブラバン経験者との間でどうにもこうにも違和感がありましたねえ。リードもバーンズも、ぜんぜん知らない作曲家ですもん。(でも、ブラバン経験者のこすもすも知らないのはどういうわけかしら?)

でもね、中学・高校とオケだったぐすたふくんにも、「永遠の青春賛歌」とも言えるものはあります。ただ、これが全国のどんな中高オケ部員をも熱くさせる、不滅の輝きをもつ曲かどうかは、わかりませぬが。

それは、エルガーの「威風堂々」第1番!!さあ、どうでしょうか?みなさん、賛成していただけますでしょうか?あとは、アルルの女組曲、特に終曲の「ファランドール」!!これなんかも、みんなと共通の思いがあるんじゃないかしら。

シンフォニーでは、前にも書いたけれど、チャイコの5番だけれど、これは普通中高オケでは手を出さない(このごろは違うのかなあ)から、ちょっと、かしら。

どっちかというと、ドヴォ8番なんかが、経験した人が多くて、思いを共有するのにぴったりかもしれないなあ、と思ったりしますが、その辺、みなさんいかがですか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あるある!アルヴァマー序曲の想い出

こんばんは。

アルヴァマー序曲は僕にとっても青春の吹奏楽曲です。高校1年生の時、コンクール自由曲で演奏しました。出版された翌年くらいに演ったのですが、今では中学生が当たり前のように演奏しています。

そういう想いがあるので、やはりこれは僕にとって吹奏楽の名曲中の名曲です。

実はこの曲の最初のレコーディングは汐澤安彦/東京佼成ウインドオーケストラの演奏で、テンポが♩ =160位だったのだですが、本当はスコアの指定は♩ =132でした。でも、スピード感溢れる汐澤版が格好よかったので、多くのバンドがそれを真似るようになりました。だから今でもこの曲のテンポをどうするかは議論の的となっています。

雅哉 | URL | 2011-12-15(Thu)00:59 [編集]


ぐすたふさんへお願い!

そうそう、それから吹奏楽団のことをブラバンと呼ぶことに僕は抵抗を感じます。 brassは「真鍮」の意味であり、つまりブラス・バンドは金管バンドのことを差して厳密には木管は含まれません。吹奏楽を英語で言うなら Wind Ensembleが正しいことになります。

雅哉 | URL | 2011-12-15(Thu)01:13 [編集]


Re: あるある!アルヴァマー序曲の想い出

雅哉さん、こんばんは。

> 実はこの曲の最初のレコーディングは汐澤安彦/東京佼成ウインドオーケストラの演奏で、テンポが♩ =160位だったのだですが、本当はスコアの指定は♩ =132でした。でも、スピード感溢れる汐澤版が格好よかったので、多くのバンドがそれを真似るようになりました。だから今でもこの曲のテンポをどうするかは議論の的となっています。

そうらしいですね。どちらの演奏も聴きましたが、僕は、ゆっくりの方が好きだなあ。

早いのも、カッコイイですけどね。

ぐすたふ369 | URL | 2011-12-15(Thu)22:03 [編集]


Re: ぐすたふさんへお願い!

> そうそう、それから吹奏楽団のことをブラバンと呼ぶことに僕は抵抗を感じます。 brassは「真鍮」の意味であり、つまりブラス・バンドは金管バンドのことを差して厳密には木管は含まれません。吹奏楽を英語で言うなら Wind Ensembleが正しいことになります。

それは申し訳ありませぬ。でも、「ブラバン」という言葉の響きにも、青春の匂いを僕は感じてしまうんですよね。

まあ、自分がその風景に居なかったことに対する、憧れみたいなもんかもしれませんね。

ぐすたふ369 | URL | 2011-12-15(Thu)22:06 [編集]


横からすみません
私もブラバン、基、吹奏楽未経験者ですが
アルヴァマー序曲はとても好きで、昨日も1曲目からウキウキ
下野さんはこれをベト1の楽器構成でされたので
いつもと違う大人なサウンドで趣も変わり興味津々でした。それとこの曲の緩徐相ではいつも何故かホロリとなります。

実はエレクトーンをやってる人は
私のように昔はピアノをした人が多いですが、結構吹奏楽出身者も多くて、その人達にエレクトーン版アルヴァマー序曲が大人気です。
色々な編曲がありますが一例はこちら(管弦楽版)
http://www.youtube.com/watch?v=5dXJ8Y1f2FE
良かったらご閲覧下さい。

jupiter | URL | 2011-12-17(Sat)01:17 [編集]


Re: タイトルなし

Jupiterさん、こんにちは。コメントありがとうございます.

> 下野さんはこれをベト1の楽器構成でされたので
> いつもと違う大人なサウンドで趣も変わり興味津々でした。

これ聴きたかったなあ。でも、チケットは早々に完売。実はこの演奏会は、遠慮しておこうと思ってチケット買わなかったのですが、ブログでこの編曲のことを知って、ちょっと後悔してたんですよね。

>それとこの曲の緩徐相ではいつも何故かホロリとなります。

わかります、わかります。

> 実はエレクトーンをやってる人は
> 私のように昔はピアノをした人が多いですが、結構吹奏楽出身者も多くて、その人達にエレクトーン版アルヴァマー序曲が大人気です。

ご紹介の演奏、聴きました。丁度いいテンポ、そして丁度いいサウンドですね!!
現代エレクトーンにぴったりの曲でもありますねえ。うちにもエレクトーンがあるんですけれど、またぞろ弾きたくなってしまいました。

いい演奏をご紹介いただき、どうも有難うございました。

ぐすたふ369 | URL | 2011-12-17(Sat)14:52 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。