不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

森悠子さま、御見それいたしました・・・国民文化祭オーケストラの祭典

いや、まさかここまで見事な演奏を聴かせてもらえるとは、正直思ってはいませんでした。

京都 長岡京記念文化会館
第25回国民文化祭・京都2011「オーケストラの祭典in長岡京」
第1部 大学のステージ
指揮 増井信貴
シベリウス:交響詩「フィンランディア」
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92
第2部 一般のステージ(音楽監督 森悠子)
指揮 吉田誠
ドリーブ:バレエ組曲「シルヴィア」
指揮 中田延亮
フランク:交響曲二短調

今回のイヴェントのために編成された、オールアマチュアの二つのオケ。どんなもんかいなあ、と思いつつも、せっかくの機会、逃すのも勿体ないと思って軽い気持ちで参加したぐすたふくんだったのですが・・・・いやいや、正直驚きました。

第1部のフィンランディアからして、倍管の(ホルン9本、ペット7本、トロンボーン6本、チューバ2本!!!)ブラスがほおお、というくらいの綺麗なハーモニーを聴かせ、それまずびっくり。音の出だしが今一つそろわないところがあったことを除けば、14型の弦セクションもこの分厚い管に負けない音が出てたのも良かった。

ベー7も、なかなかの熱演で、こういうアマチュアの寄せ集めイヴェントオケにありがちな、イケイケだけの雑な演奏では無く、とにかく弦がしっかりと響きを作っていて、4楽章の昂揚など思わずぐっときました。ただ、ホルンはやっぱりこの曲難しいんやなあ、とは思いましたけれど。

この演奏だけでも終わっても良いくらいの立派なものだったが(ブラボーが飛んでました)、まさかこの後の一般社会人オケの方がさらに良いとは。

いきなりのシルヴィア、なんとまあ、真正の「オーケストラサウンド」が鳴る!!ここでも管は倍管、弦はなんと20型(20-18-14-14-9!!舞台からこぼれおちそう!)なのだけれど、この響きを聴いてしまうと、さっきの学生オケ(とはいっても、コアになっているのは市立芸大と同志社女子の、いわば’プロの卵’たちなんですよ)の響きが、実はそこはかとなく濁っていた、今一つ綺麗に鳴っていなかった、ことに気がつかされるといった具合。これがアマチュアか?と思わずプログラムを見直してしまうくらいの、豊かにかつ華麗に鳴るその音。これが、バレエ音楽にぴったり。ただ、弱音に鳴ると急速に弦セクションの音が痩せてしまうところがあって(特に第2曲目のワルツ)、その点残念だったけれど。でもまあ、1曲目と4曲目の祝祭感満載の音は、プロオケにも勝ると言っていいほどの、素晴らしい聴きもの。これは、管セクションのトップ奏者の優秀さによるところ大で、特に第1曲目の聴くからに難しそうな「狩り」のパッセージを、見事に吹ききったホルンセクションは賞賛されてしかるべきでしょう。

そして、森悠子氏が「イヴェントだからといって、派手なだけにならないよう」「結果として、地元アマチュアのレヴェル向上につなげたい」というたっての思いから選んだフランクは、まあよくぞここまで、というような立派極まりない演奏。

とにかく、弦がここまで鳴るか、というほど分厚い響きを聴かせるのには、舌を巻く。「厚いベースの上にピラミッド型に積み上がった」という表現があるけれど、まさにその通りの響きで、アマチュアでどうしても弱いチェロとヴィオラに全く弱さが感じられない。この参加メンバー、おそらくは京都のトップアマチュア、我こそはの腕っこきが集まってるんじゃなかろうか?実際、高校の先輩の顔がちらほら。でも、コンミスに座った森氏が、昨年6月から1年半かけてじっくりと練り上げてきた、ひとえにその成果なんだろうなあ、としみじみ。

指揮者がまた、入魂の指揮ぶりで、これも良かった。特に、3楽章の展開部の最後、3楽章主題を刻む弦の上に2楽章主題が壮麗に被さって鳴り響くあたりの流麗な音楽の流れの指揮ぶりなど、思わずゾクゾク。ここでのブラスがまた、上手いんだ。ペットがほぼ完璧。社会人なのに、一体いつ練習してるんだろう?

最後も、イヴェント打ち上げちゃんちゃん!!みたいな終わり方でなく、余裕をもって十分にホールを鳴らしきるような終わり方。そして、その響きが鳴り終わるのを十分にまって、ちゃんと拍手が入るのも良かった。立派な「演奏会」です。単なるイヴェントじゃあないです。

実は、ぐすたふくん、フランクのこの曲あんまり好きじゃないんですよね、渋すぎて、いまひとつ面白くなくって。でも、この曲の中に、ここまでの弦の響きの魅力があるということに、今日は本当に初めて気がつかされたような気がします。それはひとえに、ここまでの音を鳴らしてくれる弦があってのこと。

いやいや、森悠子氏おそるべし・・・・凄い人だなあ。でも、それに応えたアマチュア・メンバーに、心からの拍手を。

でもちょっと、嫉妬を感じる気持ちもあったりします(笑)。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ぐすたふさま ごぶさたです

京都市と京都府と府下の自治体と、協調しているような、別々のような国文際ですが、長岡京はやりますねえ。

しかしどんなに大規模であっても面白いことに、文化祭としての本質、出演者=鑑賞者は、機能しているみたいです。知り合いも、オープニングの『まゆまろ合唱団』でまゆまろと歌ってきたとのことです。そのあと、ほとんどの方は、客席にまわったとのこと。歌う人、聞く人の境目が希薄だと、素人の楽しみのようですが、他の出演団も、相当なレヴェルだったとのこと。現今のアマチュア恐るべし。

ところで数年前のこと、習志野で、千葉フィルの18型で運命を聴いたとき、これからのフルサイズのオーケストラの主流は、アマチュアのものになるのではないだろうか、と思ったことがあります。アマチュアの技量の向上は著しく、大型プロオケの経営が楽ではないといった状況から。

プロのオーケストラ奏者の感性は、指揮者に拮抗し凌ぐ勢い。アマの技量はプロに肉薄する。

やがてオーケストラの楽しみとは、主として、円形に配置されたアマチュア演奏家がお互いに聞きあいながら演奏を楽しむということになるかもしれない、とも想像したのです。

しかし現段階では、プロがアマチュアを指導してプロとアマチュアのレヴェルが近づいているということもあります。プロオケはプロオケで能力ある指揮者を求めていることには変わりがない。

日記拝見しまして、そんなその時の連想を思い出しました。

古都百話 | URL | 2011-11-02(Wed)01:13 [編集]


Re: タイトルなし

京都百科さま、こんばんは。

> 歌う人、聞く人の境目が希薄だと、素人の楽しみのようですが、他の出演団も、相当なレヴェルだったとのこと。現今のアマチュア恐るべし。
>
> ところで数年前のこと、習志野で、千葉フィルの18型で運命を聴いたとき、これからのフルサイズのオーケストラの主流は、アマチュアのものになるのではないだろうか、と思ったことがあります。アマチュアの技量の向上は著しく、大型プロオケの経営が楽ではないといった状況から。
>
> やがてオーケストラの楽しみとは、主として、円形に配置されたアマチュア演奏家がお互いに聞きあいながら演奏を楽しむということになるかもしれない、とも想像したのです。
>
こうなるためには、残念ながら絶対的にアマチュア弦楽器奏者の数が足りない、と思います。関東の方では、可能性があるかもしれませんが、関西ではまずもって無理だと思います。

今回のオケ、弦にこれほどのレヴェルのアマチュアがこれだけの数集まったのは、奇跡に近いと思いますね。それは、ひとえに森悠子氏の存在があったからかもしれません。

管楽器が、学校ブラスバンド活動の成果として分厚いアマチュア層を有しており、合唱もまた、学校合唱活動の成果としてさらに分厚い層を有しているのですが、弦楽器はこの点、不利です。音楽専攻でない中学高校で、オーケストラを有している学校がどれだけあるか。関西では、神戸・北野・清水谷・洛星・京都女子・ノートルダムときてここではたと数える指が止まってしまう。全国高校オーケストラフェスタというのがあるのですが、そこに参加している65校のうち、60校が関ヶ原より東!!西日本からはなんとたったの5校ですよ、5校!!

関西からは、優秀な指導者が海外より帰国定住されて(森氏もその一人ですね)、優秀な弦楽器奏者が出ているのはご承知のとおりですが、アマチュア弦楽器奏者の層の薄さはいかんともしがたいものがあるわけです。

森氏がここのところのレヴェルアップを、と思われた、そのことは誠に貴重と思います。

ぐすたふ369 | URL | 2011-11-03(Thu)00:35 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。