不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

殿下のブルックナーは良い・・・・大フィル定期

いや、ほんと、そう思います。下手すれば、大植さんより良いかもしれない。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第451回定期演奏会
下野竜也指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
J.S.バッハ=ベリオ編:「フーガの技法」より コントラプンクトゥスⅩⅨ
ボッケリーニ=ベリオ編:「マドリードの夜の帰営ラッパ」の4つの版
ブルックナー:交響曲 第2番 ハ短調(1872年 キャラガン版)

ブルックナーは、初版復元版。初めて聴いたけれど、2楽章と3楽章の順番が入れ替わっており、3楽章がアダージョ、そしてフィナーレへとつながる。1楽章と2楽章のスケルツォを聴いた限り、楽器の使い方や対旋律の音型くらいしか違いがわからなかったのだが、続く3楽章と4楽章がこれまで僕が聴いてきた版とはかなり違うのには驚きました。随分と饒舌なもので、3番の初版と3版の違いに通じるものがありますね。

それを、下野殿下、きりりっと締ったプロポーションに纏め上げて見事。大フィルも、これぞ大フィル・ブルックナーサウンド、これこれ、これが聴きたいのよ、っていう音を鳴らしてくれて、満足です。この曲、ブルックナーにしては細かい音符が多くて、しかも弦楽器奏者にとっては弾きずらかろう音型のオンパレード、加えてそこかしこにアンサンブル上の難所もあり、さてどこまで仕上げてくるかとそういう意地悪な気持ちも(笑)多少あったりもしたんだけれど・・・・いやいや御見それいたしました。ここまでしっかり弾きこんでこられれば、何の文句もありません。流石です。

ブルックナーって、やっぱりぐだぐだ小細工をするより、正攻法で誠心誠意演奏する方が、気持ちよくきけるんやなあ、って改めて思いましたね。聴き終わった後の爽快感が、なんともいえず良かったです。

殿下は、ブルックナー指揮者ですね。そう思いました。

ベリオは、この作曲家ならではの、コラージュというかモンタージュというか、そういう作曲技法的な面白さで知的に聴かせる作品。2曲目が特に面白く、楽しめました(同じ作曲家の、同じ曲の、4つのヴァージョンを同時に鳴らす、という、まあ思いつきそうで思いつかないアイデアの作品)。ただ、1曲目のバッハのトランスクリプションは、フーガ部の演奏が今一つ練れてない感じがあって、いまひとつ。最後に、まるでシーケンサーが停止したみたいに終わるあたりが、現代的で、面白かったですけれどね。

こういう曲を持ってくるあたりが、殿下ならでは。やっぱり、良く出来た人です。拍手。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

大フィルの定期を聴いてきました。

曲目:「フーガの技法」よりコントラプンクトゥスⅩⅨ/J.S.バッハ(ベリオ編)
   「マドリードの夜の帰営ラッパ」の4つの版/ボッケリーニ(ベリオ編)
   「交響曲第2番」/ブルックナー(1872年ギャラガン版)
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
指揮:下野竜也
場所:大阪 ザ・シンフォニーホール

感想はよろしければ・・・↓
http://hccweb6.bai.ne.jp/waiwai/concert2011.htm

こうき | URL | 2011-09-23(Fri)13:30 [編集]


Re: タイトルなし

わいわいさん、お久しぶりです。コメントいただけて、嬉しかったです。

感想拝見しました。同感するところ多かったです。ともかくも、一緒にこの演奏を聴けたことを、素直に感謝したいです。

これからも、よろしくお願いします。おなじ音楽を共有出来ること、このことが今を生きている証、と思います。

ぐすたふ369 | URL | 2011-09-23(Fri)21:50 [編集]


おひさしぶりですね。
ぐたふさんは大フィルが好きとのことですので、
大フィルの演奏会に行ったときはここにも感想を掲載しようと思っています。
会場で会うかも知れませんね。
最近は京響の演奏会にも行くことが多いですが。

さて、なんだかあらたまったレスで恐縮してしまいますが、
これからもよろしくお願いします。

こうき | URL | 2011-09-23(Fri)23:42 [編集]


Re: タイトルなし

こちらこそお久しぶりです。わいわいさん、の方が、しっくりきますけれど(笑)

> ぐたふさんは大フィルが好きとのことですので、
> 大フィルの演奏会に行ったときはここにも感想を掲載しようと思っています。
> 会場で会うかも知れませんね。

そうですね、一度お会いしたいです。

> 最近は京響の演奏会にも行くことが多いですが。

実は、京響のセレクト会員でもあるので、またそこでもお会いできれば、と思います。

> これからもよろしくお願いします。

こちらこそ。また、遊びに来てください。

ぐすたふ369 | URL | 2011-09-24(Sat)00:46 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。