不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大植さんのマーラーって・・・大フィル、神戸特別講演

ちょっと困惑気味。

西宮 兵庫県立芸術文化センター
大阪国際フェスティバル特別講演
大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
ソプラノ ハイディ・エリザベス・マイヤー
モーツァルト;ドン・ジョバンニ序曲
シェーンベルク:淨夜
マーラー:交響曲第4番ト長調

この中で何が良かったか、と言われれば、迷わず二曲目の淨夜をえらぶ。濃密な夜の匂い。官能的、という言葉がしっくりくる、むせ返るような質感。カラヤンのそれを彷彿とさせるような、世紀末的身に纏わりつくような生理的感触。見事、の一言。

モーツァルトは、はあ、難しいんですね、の一言。

で、マーラーです。

初めてスコアを拡げてマーラーを指揮する大植さんを見ました。実は、終演後、東京からわざわざ駆けつけてこられたじゃく様ご一行と夕食をともにしたのだが、共通したのは、大植さん、この4番はレパートリーでは無かったのではなかろうか、若い時には振ってなかったのではないか、という意見。これは、あながち間違いではないかもしれませぬ。

というのも・・・どうにも、大植さんの棒からは、この曲のキャラクターが見えてこない。謎かけのようなこの曲の、難しさばかりが先に立つ。

やっぱり、この曲難しいんだなあ、と思いました、心から。

必死で大植さんは、リヒャルト・シュトラウスで見せたようなアゴーギグをここでもみせるのだけれど、僕から言わせれば、そんなものはこの曲には必要がないんじゃないかしら、といったものばかり、なんですよね。邪魔になりこそすれ、理解の助けには決してならない。

実は、この4番というシンフォニー、マーラーの交響曲の中では微妙な存在であることは、ちょっとマーレリアンなひとなら、きっとうなずいてもらえると思うんですよね。だから・・・・大植さん、今日の演奏、自分でも失敗だったんじゃないか、って思ってるんじゃありませんか?4番、という存在を、今一度考えなおそう、と思ってませんか?もし、あなたがバーンスタインの使徒ならば、きっと今晩、眠りもせずに今一度、勉強しなおしているだろうな、と僕は思っています。

だから・・・時間をおいて、もう一度4番を振ってください。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ありがとうございました

ぐすたふさん、昨夜は楽しいひとときを創ってくださり本当にありがとうございました。東京チーム一同、感謝感激しております(笑)。
今回のコンサート、まったくぐすたふさんと同感です。僕の大植さん体験の中で、もっともがっかりした演奏でした。しかし、これで終わるはずがないのが大植さん、次回の4番は不死鳥のような名演を聴かせてくれることを信じています。
それにしてもぐすたふさん、アルコールとお仕事の間を縫って(?)、いつ記事書いていらっしゃるんですか。その早業には感服です。当方、書きたい記事が多くなりすぎて、ほとんど身動きとれなくなりつつあります。

じゃく3 | URL | 2011-07-30(Sat)00:04 [編集]


ぐすたふさん,ごぶさたしております。
自分は10ヶ月ぶりに大フィル聞けました。
仕事で徳島から大阪にきていたので。というか,この日に
仕事を入れたというか・・・。
田舎に転勤になってからほんと,都会は音楽がいっぱいでいいなと思う今日この頃です。
さて,今回の演奏,個人的にはやっぱり大フィル×大植はいいなぁっておもいました。
マーラーですが,個人的には楽しめましたよ。確かに,相性と聞かれると困る部分はありますが,マーラーがそこまですきでもないって人なら楽しめたとも。
久しぶりにいって,気になったのですが,若い方が多くなってますよね。オーデションで仮採用された人たちだったのでしょうか。
ぽつぽつと,どこかのコンサートでお見かけした若い演奏者のかたもいらっしゃったようですが・・・ぐすたふさんはご存知ですか?

けんちゃろ | URL | 2011-07-30(Sat)12:20 [編集]


Re: ありがとうございました

じゃくさん、こんばんは

> ぐすたふさん、昨夜は楽しいひとときを創ってくださり本当にありがとうございました。東京チーム一同、感謝感激しております(笑)。

いえいえ、こちらこそ。楽しいお酒と鯨(おっとっと)だったです。また大阪に来よう、と思っていただければ。

> 今回のコンサート、まったくぐすたふさんと同感です。僕の大植さん体験の中で、もっともがっかりした演奏でした。しかし、これで終わるはずがないのが大植さん、次回の4番は不死鳥のような名演を聴かせてくれることを信じています。

同感です。

その時には、7番も一緒にやってくれないかなあ(笑)。

ぐすたふ369 | URL | 2011-07-31(Sun)22:46 [編集]


Re: タイトルなし

けんちゃろさん、コメントありがとうございます。

> さて,今回の演奏,個人的にはやっぱり大フィル×大植はいいなぁっておもいました。
> マーラーですが,個人的には楽しめましたよ。確かに,相性と聞かれると困る部分はありますが,マーラーがそこまですきでもないって人なら楽しめたとも。

一つには、この7月三連チャン大植シリーズの前二つが、あまりに名演だったから、余計にそう思ったのかもしれないですね。ただ、今の大植さんには、マーラーが合わない(!!衝撃的ですが)ような気がしています。

>久しぶりにいって,気になったのですが,若い方が多くなってますよね。オーデションで仮採用された人たちだったのでしょうか。

ううむそうでしょうか? このところ、少しずつ入れ替わっているので、毎回来てると、あまり気にならないんですよね(笑)。

ただ、ヴァイオリンの正式Tutti奏者を早く固定してほしいなあ、とは思いますけれど。

ぐすたふ369 | URL | 2011-07-31(Sun)22:50 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。