不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

万雷の拍手に我らがマエストロが屹立する・・・大フィル定期二日目

今日の終演後の拍手の凄かったこと。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第450回定期演奏会(二日目)
大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
ピアノ独奏:デニス・プロシャイエフ
ヴァイオリン独奏:長原幸太
チェロ独奏:趙静
オットー・クレンペラー:メリーワルツ(日本初演)
ベートーヴェン:三重協奏曲
ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調
R・シュトラウス:ばらの騎士組曲

「ばらの騎士」は昨日よりもさらに白熱。昨日はやりすぎてやや単調に傾いた感のあった、最後の愛の三重唱はさらにその表現を拡げて、まさに感動的な大団円を演出して見事。満員に埋め尽くされた客席からの万雷の拍手、地響きのようなブラヴォー・・・・いやあ、凄かったですねえええ。ここまでのリアクション、久しぶりかもしれない。これぞ演奏会、とじーんときました。

エイジ・オブ・エイジ、ここに極まれり。これは、これから今シーズン、さらにヒートアップしそうでありまする。

三重協奏曲もすごかった。実は、昨日の演奏、長原君の調子が今一つだったのだが、流石は長原幸太、今日はしっかり修正してきました。のみならず、それに煽られてか、他の二人のテンションもヒートアップ。そんなもんで、今日は「アンサンブルの愉悦」を通り越して、まあ丁々発止の凄い熱演。あまりの熱の入りようから、アンサンブルが危なくなる場面もあるのだけれど、これがまたスリリングな聴きものになるあたり、まさにライブの醍醐味、といった演奏。この曲がこんなにいい曲だと思わされたのには、昨日に引き続き今日もまた、目から鱗、ですな。

それに比較すると、今日のラヴェルは、大フィルの非ヴィルトゥオーゾオケの面目躍如たる、違う意味での「スリリングな」演奏。2楽章は昨日と同じく、暖かい肌触りと味のある演奏で、幸せな気持ちになれたのだが、1楽章と3楽章は・・・・大植さん、大変だったと思います、同情します。昨日の方が良かったのは、ピアニストが昨日は抑え気味だったからなのかもしれないなあ、と思って聴いてました(なんちゅう言い方や、という話もありますが(^^))。

クレンペラーのワルツは、今日の方が良かった。だいぶノリが良くなっていて・・・大フィル、こういう曲を粋にさあああってやるのが、やっぱり苦手なんですねえ。

でも、終わりよければすべてよし。繰り返しになるけれど「これぞ、大阪での、大フィルの演奏会」。今日のこと、僕はきっと忘れないでしょう。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

充実感に満たされました

 こんばんは。ばらの騎士が終わった瞬間の地響きのようなブラボーに、2席から一役買ってしましました。自然と叫ばずには居られなかったです。
 この凄い演奏を大阪で、しかもウィーン・フィルとかドレスデン管弦楽団ではなく、大フィルで聴けたことが、本当に痛快でした。
 10月の大地の歌、2月のハルサイ(これは、2004年に大植さんをはじめて聴いたプログラムです)、と聞き逃せなくなりました。

ヒロノミンV | URL | 2011-07-18(Mon)00:14 [編集]


ぐすたふさま
ヒロノミンVさま こんばんは

やっぱ大地は二日目にゆかなきゃならんでしょうか。

京都百科 | URL | 2011-07-18(Mon)00:45 [編集]


Re: 充実感に満たされました

ヒロノミンさま、こんばんは。

>ばらの騎士が終わった瞬間の地響きのようなブラボーに、2席から一役買ってしましました。自然と叫ばずには居られなかったです。

私も1階席から一役買ってしまいました(笑)。何人叫んでたんだろう。すごかったですよねえ。

>  この凄い演奏を大阪で、しかもウィーン・フィルとかドレスデン管弦楽団ではなく、大フィルで聴けたことが、本当に痛快でした。

全く同感です。

>  10月の大地の歌、2月のハルサイ(これは、2004年に大植さんをはじめて聴いたプログラムです)、と聞き逃せなくなりました。

行きましょう!!みんなで!!

ぐすたふ369 | URL | 2011-07-18(Mon)18:38 [編集]


Re: タイトルなし

京都百科さん、こんばんは

> ヒロノミンVさま こんばんは
>
> やっぱ大地は二日目にゆかなきゃならんでしょうか。

ううむ、やはり二日ともかと(笑)。
ぜひお越しくださいませ。

ぐすたふ369 | URL | 2011-07-18(Mon)18:44 [編集]


>ううむ、やはり二日ともかと(笑)

この前のパーティで団員の方に聞いたのですが、
『元来2日間の出来に差があるべきではないけれど
どうしても・・・・。
ところが2日目がいいとは限らない。
1日目が良いことも、これが結構ある』
ということでした!
2日連続はきついですが、できれば監督の時は2回聴きたいものです。

jupiter | URL | 2011-07-24(Sun)02:03 [編集]


Re: タイトルなし

Jupiterさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
>
> ところが2日目がいいとは限らない。
> 1日目が良いことも、これが結構ある』
> ということでした!

いやあ、楽員さんも自覚しておられるのですね。確かに、1日目にあった美点が、二日目には無くなることも確かにあると思います。

ただ、観客の反応は、明らかに二日目の方が良いかと・・・・(^^;;)

> 2日連続はきついですが、できれば監督の時は2回聴きたいものです。

あと2回です!!私も、出来るだけ頑張ろう、と思っています。

ぐすたふ369 | URL | 2011-07-24(Sun)08:02 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。