不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダンディの「フランス山人」を聴きに行く・・・大響定期

この曲聴きたさに行ってきました。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大阪交響楽団第155回定期演奏会
矢崎彦太郎指揮 大阪交響楽団
ピアノ独奏 相沢吏江子
アナウンサー 中井美穂
フォーレ:「ドリー」組曲
ダンディ:「フランス山人の歌による交響曲」ト長調作品25
ドビュッシー:バレエ音楽「おもちゃ箱」

プログラム構成は、ダンディをメインに、その前後を佳品で固めた、という構成。

確かに、矢崎さんの指揮ぶりは、ダンディのような大曲を正面から突破するより、こういう小品を小粋に聴かせるほうがしっくりくるなあ、と思いながら聴いていました。

でも、ぐすたふくんとしては、やっぱしダンディなんですよねえ・・・・この曲を最初にFMで聴いたのは、今から25年前。いい曲やなあ、と・・・・そのとき大学4年、大学オケでは最上級生で、ちょっと生意気ざかり、そこそこの曲は知ってるつもりになってた僕に、この世の中にはまだまだ知らないいい曲が一杯一杯あるんや、ということを、強烈に教えてくれた思い出の曲なんですよね。それから、マイナー曲を掘り出すのに血道をあげる、おたく生活に突入するわけでありますが(笑)。

で、いつかは生で聴きたい、と思い続けるも、コンサートゴーアーになってのこの8年の間、どこのプログラムでもお見かけすることなく時はすぎ・・・・・今季の大響の定期のラインアップにこの曲を見つけた時のうれしかったこと。

プログラムに乗らない最大の理由は、やはりピアノが難しいわりにスポットライトが当たり続けるわけではない、だからソリストがやりたがらない、というところにあるのかなあ、と思って聴いてましたが、いかがなものなんでしょう?どなたかご存じであれば教えていただきたいです。

でも、今日のソリストの相沢さん(楽譜を立てておられましたね。やっぱり難しいんや、オケと合わせるのが)は、ホントに良かった。オケとの間でのやりとり、音色の立て方・ひっこめ方などなど、この曲の「エスプリ」を堪能するに十分なピアノ。

なにより、生で聴いて、CDやFMでは聴こえてこなかったいろんな音がそこかしこから聴こえてくるのにも感動しました。第一、オープニングのアングレ・ソロの響きからして違う。こんなにいいとは、思わなかったですよ。また、ハープがピアノの響きを巧い具合に補完しているのにも感心。こんな風になっていたとは。今日のハープが、指揮者のすぐ近くに置かれて、ピアノにも聴こえるように配慮されていたのはそういうことなんですな。

演奏自体も、なかなかの力演。大響のホルンとペットがなかなか強力なので、ここらへんが輝くあたりでは、おおおおお、行け行け!!みたいな感じになりますが・・・・ただ、ここの弦、響きが薄く、ダイナミックレンジが狭いので(しかたないわなあ、なんてったってチェロが7人しかいない)、そこらへんよく考えて、ブラスのみなさん
音量を抑えないと、煩いばっかりになってしまいますよ、と言いたくなる場面も多数。このあたりが、大響の問題かなあ。力演で満足してるうちは、気にならないんだけれど。

ドリーでは、最後から2番目の「優しさ」が良かった。仄かな中間色の香り(なんちゅう表現や)の素敵なこと。

後半、実はあまり体調が良くなかったこともあって帰ろうかとも思っていたんですが、せっかくだからと。浅学にして、初めて聴く曲。でも、一言でいえば B級ペトルーシュカ。人形の三角関係のバレエなんて、まんまじゃないですか。それに、ナレーションがかぶると、それはそれでまるで「兵士の物語」。ストラヴィンスキーとドビュッシーの親近性というものを、いやがおうにも感じてしまいました。

でも音楽はそんなに大したもんでもない、と思ったのは、僕の方に問題があるのだろうか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アンバランス

こんばんは。僕も聴きました。ぐすたふさん、大阪交響楽団に改名してから初めてでしょう?是非、児玉宏さんが振る回もいらして下さい、今年こそ!

仰る通り大響はトランペットが強力な代わりに弦が貧弱です。逆に大フィルは無敵の弦に対して管が弱い。どちらもバランスが悪いんですよね、それが大阪のオケの問題点。そういう意味で京響は両者のバランスがとても良いと、いつも感心します。

雅哉 | URL | 2011-04-23(Sat)00:07 [編集]


Re: アンバランス

雅哉さん、こんばんは。

> 仰る通り大響はトランペットが強力な代わりに弦が貧弱です。逆に大フィルは無敵の弦に対して管が弱い。どちらもバランスが悪いんですよね、それが大阪のオケの問題点。そういう意味で京響は両者のバランスがとても良いと、いつも感心します。

まあ、京響もバランスが良くなったのは最近ですけどねえ(^^;;)。それまでは、薄く硬い弦にいらいらすること極めて多かったです。

ただ、大フィルもペットが改善されてきましたから、あとホルンがなんとかなれば、と思いまする(ボーン・チューバは、安定しているように思いますが)。

大響は、やっぱり弦の編成が小さすぎる。この編成で、近現代の管セクションが派手に鳴る曲をやると、ほとんど弦の響きが飛んでしまうように思いますね。

あと、1プルトずつ増強できればだいぶ違うと思いますが・・・・いろいろ事情があるのでしょうね。

ぐすたふ369 | URL | 2011-04-23(Sat)09:43 [編集]


ぐすたふさま こんばんは

金曜は大阪でしたか。私はむろん、京都。

ということは、日曜は大阪ですね。ですよね。

古都百話 | URL | 2011-04-23(Sat)23:43 [編集]


Re: タイトルなし

京都百科さん、こんにちは
>
> ということは、日曜は大阪ですね。ですよね。

大変申し訳ありませんが、体調が回復しませんので、今日は自宅で静養です(涙)。

京都百科さんの記事を拝見して、ちょっと音が聴こえたような気がしました。

ぐすたふ369 | URL | 2011-04-24(Sun)13:00 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。