不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

実はすごいものを聴いたんじゃないか?・・・・フェニックスホール・ティータイムコンサート

タイトルにも書いたが、これって・・・・

大阪 ザ・フェニックスホール
ティータイムコンサートシリーズ74
フォーレ四重奏団演奏会
エリカ・ゲルトゼッツァー(Vn)、サーシャ・フレンブリング(Va)
コンスタンティン・ハイドリッヒ(Vc)、ディルク・モメルツ(Pf)
マーラー:ピアノ四重奏曲断章イ短調
メンデルスゾーン:ピアノ四重奏曲第2番へ短調作品2
ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番ト短調作品25
(アンコール)
シューマン:ピアノ四重奏曲作品47からアンダンテ・カンタービレ
フーベルト:フォーレ・タンゴ

フェニックスホールでのマチネー、今回、マーラーの四重奏曲断章聴きたさにはじめて参加したが、なんとこれまで74回も行われていたんですねえ。これにもびっくり。こんな小さなホールが、これほどまでに連綿と活動を継続してこられたこと、本当に尊いことと思います。

しかも、超一級の団体。寡聞にして知らなかったが、この「フォーレ四重奏団」、演奏の第1音からして、彼らが世界第1級の演奏団体であることを思い知らされる。あきらかに違うんですよ、凡百のピアノカルテットとは。

確固として共有され決してぶれない4人のテンポ感、呼吸のポイントの的確さとその絶妙なこと、ピアノとヴァイオリンのアイコンタクト、弦楽器群とピアノとの融和と拮抗の妙・・・・これが、ピアノカルテットか!!

実のところ、そんなに気合いをいれて臨んだわけではなかったのだが、一級の演奏に自分が巻き込まれたときに感じる一種の芸術的オーラの圧力に頭が押されるのを感じ、居住まいをただしてただただ聴き入っておりました。

このなかでも、ブラームスの1番のカルテットの3楽章が白眉、としていい。ああ、これこそがブラームス室内楽の響き・・・・晩秋のむせかえるような湿った森の香り・・・・それがホール一杯にひろがり、そのなかに身を漂わせる時間のなんと至福なことであろう。

そして、うって変って4楽章になって人々が集い、踊る・・・・その愉悦、音楽することの根源的な歓びが胸を熱くする。その熱き躍動がラストに大きく弾けた瞬間、会場からブラボーの声!!室内楽の演奏会にはあまりないことですよねえ。

あと、アンコールで演奏されたシューマンのアンダンテカンタービレの旋律の例え様のないない美しさ、このカルテットに捧げられたタンゴの軽妙な面白さ・・・・ピアノカルテットから聴かせてもらえる、これ以上はない愉しみの数々に、ただただ嘆息、でありましたね。

もちろん、マーラーも実はこんな熱い曲だったとは、という名演だったし(ヴァイオリンの絶唱のあとにピアノの強奏とヴィオラ・チェロのピチカートが切り込む瞬間の息をのむ凄絶さ!)、メンデルスゾーンも面白い曲で楽しめました(でも、この曲、ピアノがあまりにも難しすぎるなあ・・・)。

いやあ、この間のベルクのカルテットといい・・・・フェニックスホール恐るべし。これからこのレベルの演奏会を続けていくことは中々に困難かもしれないが、頑張っていただきたいものです、大阪のためにも。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

引越しに気づいてなかったjupiterです。
ほかにもおられるのかなぁ

私も最近フェニックスホールって凄いなと思っていたところです。
少し玄人好みっぽいコンサートが多い気がします、人数が限られてるので自然とそうなるのかもしれませんが。
この演目も凄いですね~~マーラー:ピアノ四重奏曲断章イ短調!聴きたかった!!

この次の日曜日、多川響子さんのベートーヴェン・ピアノ・ソナタのティクルスに行きます(第3回目)が音楽評論家の横原先生とのプレトークを含めての演奏会で、プログラムもよくて、洒落た演奏会なんですよ。(第一回目に選帝侯ソナタなどもあって興味深かったです)
こすもすさんとどうですか?
な~~んて私、まわしもんと違いますよ(笑)
あと、古楽器なんかの演奏会にも時々行きます。

またアンコールの時などに後ろのスクリーンが上がり
演奏者の解放感・達成感を演出してる感じもして、また
見える夜景が都会っぽくて(大阪の夜景=大阪城というのではなく)結構気に入ってます。


jupiter | URL | 2009-12-11(Fri)19:03 [編集]


Jupiterさん、コメントありがとうございます。引越しの告知がまずくて、ごめんなさい(^^;)

>またアンコールの時などに後ろのスクリーンが上がり
>演奏者の解放感・達成感を演出してる感じもして、また
>見える夜景が都会っぽくて(大阪の夜景=大阪城というの
>ではなく)結構気に入ってます。

同感!!この、スクリーンを開けたときの感じが私も大好きです。

フェニックスホール、頑張ってほしいなあ。応援するところが、また一つ増えてしまいました(笑)。

ぐすたふ | URL | 2009-12-12(Sat)17:42 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。