不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年のグラミー賞ノミネート作品が発表・・・さて、MTT/SFSはいかに??

今年のグラミー賞ノミネート作品が発表になりました(http://www.grammy.com/grammy_awards/52nd_show/list.aspx)

さて、皆さん憶えておられますか?ぐすたふ君、以前、このように予言いたしました(http://plaza.rakuten.co.jp/gustav369/diary/200908290000/)。

「MTT/SFSのマーラーの8番は、今年のグラミー賞を取るだろう。しかし、それは、Best classical albumとしてはなく、おそらく技術的な面であろう」

でありますので、ぐすたふくん、世の人々が注目するであろう、Best record of the yearなどまったく無視して、グラミー賞のフィールド26から28の超マイナーカテゴリーに突進であります。

すると!!!はたして!!!

MTT/SFSのマラ8は、Best Engineered Album, Classical、Best Classical Album、Best Choral Performance の3部門にノミネートされておりまする!!!!

で、このグラミー賞ノミネート、注意深く見ると、MTT/SFS以外に3部門ノミネートされているのは、レヴァイン・BSOのダフニスのみ(Best Engineered Album, Classical、Best Classical Album、そして、Best Orchestral performance!!)。おそらくは、この2作品、どれかをとって賞を分け合う、これは決まりでしょう。

やはり、と思い、ひそかにほくそ笑む、ぐすたふ君なのでありました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。