不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大植さんの在京オケ客演の報に接して、複雑な感情を抱く

できたら、監督退任してからにしてほしかったなあ・・・・せっかく、「僕は日本では大フィルしか振らないから」と公言し続けてきたんだったら。

最後の1年間、大フィルで燃焼し尽くしてほしかったです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

やはり大フィルでしょう

 ぐすたふさん、こんにちは。

 東京フィルの件は、創立百年で『今が旬の日本人指揮者を集めたい』と、上手く口説かれちゃったんでしょうか。こういう口説きに意気に感じる、というのも大植さんらしい気がします。

 大植英次後援会(広島)のインタビューで、大植さんは『大植を聞くなら大阪に来てほしいと思っています。広島や東京のオケでやるのではなく、大阪でやっている大植を聞きに来てほしい』と語っておられて、広島の新聞社のインタビュー(大阪の人が見ているわけでもなく・・)に、こういう風に答えてらっしゃる。その気持ちは今でも変わっていないと思います。実際、大植英次を骨までしゃぶるように聴けるのは大フィルだけ、という事実は変わりようもないと思います。
 やっぱり大阪の人は幸せだなあと羨ましく思うのです。

ヒロノミンV | URL | 2010-12-29(Wed)14:08 [編集]


Re: やはり大フィルでしょう

ヒロノミンVさん、こんにちは。コメントありがとうございました。ちょっと気持ちが楽になりました(笑)

>
>  東京フィルの件は、創立百年で『今が旬の日本人指揮者を集めたい』と、上手く口説かれちゃったんでしょうか。こういう口説きに意気に感じる、というのも大植さんらしい気がします。

確かに、尾高さんに大植・上岡・広上というある意味凄いラインアップ・・・・東フィル、恐るべし。こう並べられて、口説かれるとそらぐらっときますわねえ・・・

>  大植英次後援会(広島)のインタビューで、大植さんは『大植を聞くなら大阪に来てほしいと思っています。広島や東京のオケでやるのではなく、大阪でやっている大植を聞きに来てほしい』と語っておられて、広島の新聞社のインタビュー(大阪の人が見ているわけでもなく・・)に、こういう風に答えてらっしゃる。その気持ちは今でも変わっていないと思います。実際、大植英次を骨までしゃぶるように聴けるのは大フィルだけ、という事実は変わりようもないと思います。

そうだったんですね。やっぱり大植さん、良い人だなあ(しみじみ)。

最後の一年、私も力を振り絞って、大植さんについていこうと思います。

ぐすたふ369 | URL | 2010-12-29(Wed)16:25 [編集]


ぐすたふさま こんばんは

大フィルは、こんな指揮者を独り占めにしていたのか!

と東都の人に感心してもらいましょう、この際、という線でいかがでしょうか。

東京へさんざん客演したおっさんの時も、大阪ではいつでも朝比奈が聞けてうらやましい、ということになってましたから・・・

古都百話 | URL | 2010-12-30(Thu)23:43 [編集]


Re: タイトルなし

京都百科さま、おはようございます。
>
> 大フィルは、こんな指揮者を独り占めにしていたのか!
>
> と東都の人に感心してもらいましょう、この際、という線でいかがでしょうか。

ありがとうございます、みなさま、お気づかいいただきまして(涙)。

でも、僕の一つの季節が終わるのだなあ、という気持ちを新たにしています。復活で始まった大植・大フィルのフォローワー生活、丁度、9年間、になるのですね。

まさかと思いますが、コンサートゴーアーの扉を開いた広上さんが、その次の年、僕の10年目に、最後のシーズンになったりして・・・・それで僕のコンサートゴーアー活動が終わる、なんてことになるんでしょうか(笑)。

ぐすたふ369 | URL | 2010-12-31(Fri)11:02 [編集]


大植さんは大阪でこそ聴かなければ!

ぐすたふさんこんばんは。
東フィルの方針は、今回に限らず、基本がおろそかになっている感があります。何人もの桂冠指揮者や名誉指揮者をかかえているけれど、現在一番中心にいるはずの常任指揮者エッティンガーさんの出番が極端に少ないです。今度のシーズンも、4月の3日と、8月の子供を対象にした2日と、11月の1日だけ。あとはめまぐるしく多彩な指揮者が登場しますが。。。こういうやり方、N響のような力量があるオケならいいですけど、東フィルがやっても、疑問です。この点、指揮者をほぼ3人にしぼった新日フィルのやり方(アルミンクが半分を受け持ち、残りの大半をハーディングとメッツマッハーの二人で受け持つ)は、とても見識があると思います。

ま、それはさておき、皆様のおっしゃるように、大植さんは大阪でこそ聴かなければ!シンフォニーホールでの、オケと聴衆が一体となった親密な雰囲気の中での独特な魅力に溢れた演奏会を、毎年1~2回は聴いてきた僕としては、いよいよ頑張って通おうと思います。2月のブラームス、確実に行ける目処はまだ立っていないんですが、チケットは買ってしまいました。行けるとしても午後立ちの夜行帰りになりますが、なんとか聴けるように願っています。ではでは、また来年もよろしくお願いいたします。

じゃく3 | URL | 2010-12-31(Fri)21:36 [編集]


Re: 大植さんは大阪でこそ聴かなければ!

じゃくさん、こんばんは。

> ま、それはさておき、皆様のおっしゃるように、大植さんは大阪でこそ聴かなければ!シンフォニーホールでの、オケと聴衆が一体となった親密な雰囲気の中での独特な魅力に溢れた演奏会を、毎年1~2回は聴いてきた僕としては、いよいよ頑張って通おうと思います。

ううううう、みなさん、優しいなあ・・・・・・

ヒロノミンさん、京都百科さん、じゃくさん・・・・皆様方とお知り合いになれただけでも、大植・大フィルとともに過ごしたこの8年間、僕の人生にとってかけがえのない時間であったと思えます。

みなさん、ありがとうございます。本当に、感謝です。

ぐすたふ369 | URL | 2010-12-31(Fri)22:46 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。