不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

予言的中で補助席完売だったが、演奏は・・・大フィルチャイコフスキーセレクションNo.2

うーーーーーん・・・・

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル・チャイコフスキーセレクションVol.2
大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
ヴァイオリン独奏 ボリス・ベルキン
チャイコフスキー:(??????)
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35
チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64

ミステリーピースは、今日は「これは絶対、festival coronation marchに違いない!!」と思って帰ってきて、聴いてみるとどうも違うみたい・・・・前回も、「雪娘」の「道化師の踊り」と思ってたら違ってたしなあ。やっぱし今回も降参であります。HPによれば、賞品ゲットの候補者は22名に絞られたらしいけど、前回のあれ(オペラ「オプリチニク」の第4幕の中からの一曲だなんて、誰がわかるんや!!)を当てられた人なら、今回のほうが易しいんじゃなかろうか?

さて、今日は補助席完売、満員御礼大入り袋、であります。みんな、嗅ぎつけましたな(笑)。

でも、結論から言えば、ぐすたふくんとしては前回のチャイ4の方がよかったなあ。

チャイ5のことから書いてしまうけれど・・・・家に帰って来てから、ぐすたふくん、前の大植・大フィルのチャイ5の演奏の記事を探してきました。それは、2006年の10月のこと(402回定期)。僕はこんな風に書いてました。

「まさかこんなチャイ5を聴くことが出来ようとは・・・もしかしたら、僕がこれまで聴いたチャイ5の中でのベスト、ではなかろうか・・(中略)・・遥かな憧れを歌いあげる序奏から始まって、ええええええっ、こんなテンポで大丈夫?っていうくらいの早いテンポで突進する主部の火を吹くような音楽の突進性・若々しいエネルギー、その一方でぐっとテンポを落として歌われるカンタービレの美しさ、コーダの朗々と響く讃歌の秋の空のような清々しさなどなど聴かせどころ満載、メリハリの効いた熱演中の熱演だったと思います。

でも、ぐすたふ君は、1楽章と2楽章の清冽なる抒情にも一票を投じたい。実は、この間のチャイ4が存外に客観的で、古典的な均整感を指向したような演奏だった物ものだから、大植さんのチャイコって、そういうものなんだって思ってたんですよね。だから、チャイ5もそうなるんじゃないかと。ところが、あにはからんや・・・・(中略)・・・1楽章、2楽章について言うなら、本当に気持ちがこもった丁寧な演奏で・・・やっぱり「抒情的」というしか無いように思う。大声で泣き喚き、躁鬱の沼の中でのたうつようなものでなく、美しいものを「美しい」と素直に声に出すようなそんな「音楽」だったように思う。」

今日の演奏は、またこれとは正反対で・・・・1楽章と2楽章は良かったけど、4楽章が今一つだったんですよねえ。不思議なもんです。

2006年の時とは比べ物にならないくらいの濃ーーい1楽章と2楽章。特に1楽章が秀逸。とにかく、ペット・ボーンの「バンババン!!」に対して、ホルンが「ヴォーン!!」と応える(わかってもらえますよね)あの下りのサウンドを聴いただけで、今日は凄いぞと。文字通り「吠えるブラス」に「粘る弦」・・・これぞロシアン・オケ・サウンドと評するに躊躇のない、素晴らしい響き。これだけの音が聴ければ満足、これ以上何が欲しいというの?という感じであります。わが身の幸せをかみしめるに十分なもの。

2楽章は、後もう一歩でぐすたふくん、号泣でした。壮絶なリタルダンドの末に、「レーファーシラー・ラ・シドレシミー」(ああ、こう書いちゃうとなんて安っぽく響いちゃうんだろう、悲しい・・・)の主題が全弦楽器で再現される・・・テンポがあれほどに遅いにも関わらず、ピンと緊張の糸を張ったまま歌が続く、その尋常ならざる音楽のテンション。これは、聴きものでしたねえ。ただ、最初の旋律を提示したホルンがもっとしっかりしてくれさえいたら、ぐすたふくん、30年ぶりの涙を流せただろうに(池田さん、あなたのせいだ)。

この1楽章と2楽章については、この間のチャイ4を引き継ぐ「爆演」系と言っていいと思いました。で、あと4楽章さえ、2006年のように上手くいってさえくれれば、もうそれこそ終演後はブラボーの嵐、シンフォニーホールは熱狂のるつぼ・・・だったはずなのに。

はっきり書いてしまいましょう。第二主題が入ってくるところで、木管が入りを間違えるという、それこそ演奏が止まりかねない大事故があったんですよ。実際、本当に止まりかけたと思う。滅茶苦茶ひやっとしましたもの。なんとかリカバリしたものの、これで、聴いている方がすううっと醒めてしまった(少なくとも僕は)。また、演奏している方も、明らかにおかしくなってしまった。

そんなもので、再現部直前のアッチェレランドに火が付かない。それだから、そのあとの(大植さん特有の)リタルダンドがとってつけたようになってしまう。なんとなく、白けちゃうんですよね。そうなると、神はもうそこには降りてこないんですよ。

真剣、もう一日演奏会があったら、と思いました、今日は。そしたら、二日目はどうなっていただろう、と。

大植さんもさすがに不満だったようで、終演後のカーテンコール、ちょっとそこらへんの気持ちが所作から感じられるように思ったが・・・・さて、他の人はどう思ったかしら。

一方、コンチェルトは、ベルキンさんの「こんな通俗名曲を汗吹き出して熱演するなんて、恥ずかしくて出来るかよ」って感じのいささか斜に構えた鼻歌のような1-2楽章と、「こういうのがイケテるっていうんだぜ」って感じの3楽章のフィーバーぶりが対照的で面白い、極めて個性的な演奏でした。この人の演奏聴いてると、チャイコフスキーが易しすぎて物足りないと感じるから、恐ろしい。ベルキン恐るべし。そのベルキンさんに振り回されつつも、きっちり仕事をする大植・大フィル・・・さすがプロ、ですな。でも、この曲がこんなにいい曲だったんや、と改めて思わせてもらって、それは素直に感謝したいです。

さあ、次は悲愴・・・・ぐすたふくん、初めての大植さんの「悲愴」。これは、絶対、ですね。

スポンサーサイト

PageTop

僕にとっての、チャイ5

明日、大植英次のチャイ5があります。ブログによれば、ぐすたふくんの予想どうり、チャイ4以上の入りの模様。補助席完売の祝祭的演奏会なりそうな予感。

で、今いろいろとチャイ5を聴き比べているのだけれど・・・ムラヴィンスキー・レニングラードフィル、カラヤン・ベルリンフィル、デュトワ・モントリオール響、チェリビダッケ・ミュンヘンフィル、マタチッチ・ザグレブフィル・・・・

でも僕にとって、最高・無二の演奏は・・・

1980年4月の京都、R高校交響楽団の演奏。これを超える演奏は、空前にして絶後・・・・だと思う。少なくとも僕にとっては。

僕は、その時、客席でその演奏を聴いていた。本当なら、僕はこの曲を舞台で、一番客席に近いファーストヴァイオリンのアウトサイドで弾いているはずだった。

僕の高校のオーケストラが、チャイコフスキーの交響曲を取り上げるなんて、それこそ「空前にして絶後」のことだった。だからこそ僕たちは、いつもなら夏休みが終わってから取り組み始めるはずの春の演奏会のための曲目、この曲だけはそれこそ特別に夏休み前から取り組み始めていたのだった。

その前年にこの曲を定期演奏会にのせていた京大オケから、先輩のコネをつかって楽譜とパート譜を取り寄せ、それこそこかしこに書き込みのある楽譜を穴のあくほど僕は読んだ。4楽章のコーダ、「まだ後がある!!熱くならない!!余力を残して!!」の書き込みには、共感を禁じ得なかった思い出がある。

夏の合宿、志賀高原ではそれこそ、必死になってこの曲をさらった。なんて難しい曲なんだろう、と思った。それこそ、山のように、克服しなければならない音があった。でも、それを遥かに凌駕する美しさがそこにあった。オケの響きの中に自分の音が溶けて行くたび、胸が震えた。

僕はこの曲とどこまでも付き合いたかった・・・・友とともに、春の演奏会の最後の瞬間まで。それに値する曲だった。そして、僕も最大の力をそこに注いだ。

でも、僕は途中で降りた。否、両親によって無理やり僕はそこから降ろされてしまった。それは、結局のところ、自分の至らなさに起因することだったかもしれない。でも、僕は、両親を恨んだ。両親は知らなかったかもしれない。その時、僕は両親に殺意さえ抱いたのだ。

僕は、僕の人生の最大の後悔を挙げろと言われたら、今でもこのことを挙げる。このとき僕は、自分の全てをなげうって、この曲にしがみついていればよかったのだ。そうすれば、僕の人生は、もしかしたら全く違ったものになっていたかもしれない。少なくとも、このことを悔い続け、その呪縛にしばられたものにはならなかったはずだ。

演奏会、2楽章の旋律が全弦楽器のTuttiで万感の想いをもって奏でられるとき、僕は客席で号泣していた。これ以上美しい音楽がこの世にあるだろうか・・・そして、4楽章のコーダ直前のアッチェレランド、友が全員指揮台に向かって前のめりになって、それこそ一つの炎と化していく音の凄まじさ・・・これ以上の音楽を、僕は、おそらく今に至っても、知らない。

最後の年に、この曲の、それこそ記念碑的演奏会に立ち会うことができるのも、何かの縁、なのでしょう。

願わくば、明日の演奏によって、僕が魂が救われんことを。

PageTop

オニオングラタンスープと海の幸ピラフ

我が家は、ぐすたふ・こすもすが結婚前の交際時期からずっとロイヤルホテル(あえてリーがロイヤルとは書きませぬ)のファンで、特に、コーヒーハウスのコルベーユには山のような思い出がある。というより、人生の節目、節目で、僕たちはここで食事を摂ってきたと言っていいくらい。

こすもすがお気に入りなのは、タイトルにも書いたオニオングラタンスープと海の幸ピラフ。この二つを目の前に置いた、彼女の幸せな顔見たさに、僕は何度彼女をここに連れてきたろう。

そして、ろんろんが生まれて、彼のお気に入りは牛肉の煮込みもしくはヒレステーキ。最も、彼に言わせれば、最初に食べて感動したのは、尾頭付きの海老フライだったとか。りんりんが生まれてからは、彼女のたのむハンバーグ・デミグラスソースが同じテーブルに並ぶことになる。

ぐすたふお父さんは、そんな家族の料理と表情を見ながら、ローストビーフを肴にビールで思う存分酔っぱらう・・・・それが、ぐすたふ一家の、20年の間変わることのない、最高に幸せな時間だったのに。

・・・・愚かなリーガロイヤルは、このコーヒーハウスを閉じるという前代未聞の愚行を敢行した・・・・・

8月10日にオープンした新ダイニングなるものの中に、僕たちの居る場所はない。

さらば、あの素晴らしきロイヤルホテル。

PageTop

今年のPMFO

結局今年は、PMFOを聴きに行かなかったのだけれど、いろいろブログを見て回ると、今年のPMFOの出来はあまり良くなかったようですね。

去年のあの忘れがたい演奏を定点としてもつぐすたふくん、ちょっと寂しいです。

ルイジが来てくれたこと、このことはホントに感謝してもし足りないとは思いますけれど・・・・それでも、やはり、原発のせいなんでしょうね。

ここまで積み上げたものが、ここでもまた、崩れていっている・・・・その光景を、僕たちは痛みをもって見なければならないのでしょうか。

PageTop

りんりんとNHK合唱コンクール


昨日、NHK合唱コンクールの京都府大会がありましてですね、りんりんが出場!!聴きに行ってきましたよ、みんなで(笑)。

ぐすたふお父さんの採点では、ぎりぎり銅賞に滑り込むんではないかという予想だったのだのだが・・・残念ながら敢闘賞どまり(でも、どう考えても、同賞の最後の一校には、勝ってたと思うのだが・・・ここら辺は、さすがのぐすたふくんといえども、ひいき目で耳が曇ったかしらん??)

でも、生まれて初めて合唱コンクールなるものに参加したぐすたふくん、ちょっと感慨無量でしたね。自分の中学、高校生時代、こういうものには無縁の生活を送っていたので。

会場の中は、夏服の群れ、群れ・・・そして、歓声と、笑顔と。やっぱし、青春だよなあ、これって。

夏休みになってからというもの、暑い中、毎日のように練習に出かけていたりんりん。家でも、CDをかけては歌い、お風呂場で歌い、一生懸命だったりんりん。頑張ったね。

1年生ではたった二人が舞台にのっただけ。君は、そのうちの一人だった。そのことだけでも、大したことだと、ぐすたふお父さんは思います。立派だよ、ホントに。

いつの間にか、君は多くの先輩に囲まれて、きらきらと輝いている。その姿が、本当に眩しい。

今年の君の夏が終わる。でも、またきっと来年の夏が来る。

来年の夏、僕もまたここに座っていたいです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。