不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オルガンがスタンバイされていたことに、みんな気が付いていたのだろうか?・・・大フィル定期二日目

今年も東京定期にピークが行きそうですな(笑)

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第445回定期演奏会(二日目)
大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第9番変ホ長調作品70
ブルックナー:交響曲第9番二短調

いや、昨日よりもさらに上を行く出来。今日がピークなのか、それともさらに東京定期はこの上を行くのか。

何がすごかったって、ショスタコの1楽章がさらに精度を上げたこと。一分の隙も見せない緊密さと緊張感。演奏自体の錬度も上がって、「見事」と口をつくほどの出来。ただ一点、ペットが打楽器の一撃の後のクライマックス・ハイトーンを外したことが残念。これさえなければ。

そして、3楽章は昨日よりもさらにテンポアップ。これもすごかった。よくまあ破綻も見せずにこのテンポについて行けたもんだ、大フィルエライ。

さらに5楽章、昨日聴いているから、「シュプレヒコール」の地響きがどこまでか、というところが最大の聴きものとは心得たもの。身構えるぐすたふくんに、さらに畳みかける大植英次怒涛のドラマツルギー。

聴きながら思ったのだが、大植英次、という人の音楽の真髄は、「換骨奪胎」にあるのではないか。若干言い過ぎかもしれないが、時にこの人、同じ曲で、他の人とも、いわんや自分の以前の演奏とも、全く違う物語や心象風景をそこに描いて見せる。まさかこの曲の中に、こんなものを見るなんて、こんなものを聴くなんて・・・そんなことを平然とやってのける。

このショス9という曲も(ショスタコ自体が、多面体の存在だ、とは吉松隆の受け売りだが)、パロディや皮肉や冷笑といったものを浮き彫りにすることはたやすいかもしれないが、それをしてこんなに「厳しい」音楽にしてしまうあたり、大植英次ならでは、という気がしました。

とにかく、今回はこのショス9が最大の聴きものであることは疑いがない。東京では一体どうなるのか?

そして、ブルックナーは・・・・昨日は白い、と書きました。でも今日は違う。人の心臓が、脈打つのがわかる。

1楽章が秀逸。昨日はやや音楽の緊張が弛緩する場面も見受けられたが、今日は最初から最後まで一つの大きな弧を描いて音楽は時間を包括する。大植さん、コーダの最後の最後でテンポを上げるのだが(これが大植ブル9の特徴ですね。まるで、突撃!進軍!、みたい)、昨日はややわざとらしさやあざとさが気になったこの部分、今日は大きな流れの中の必然として、なんら違和感が無かったです。

とにかく、この楽章は大フィルがホントに良く鳴っていて、この音だけでも聴く価値は十分にある。二楽章もまた、重戦車サウンドを堪能できる、圧倒的な質量感。

ただ、3楽章が・・・浄化と変容、という言葉で表現しても良いような音楽の歩み、そこで昨日も感じたような、魂が昇っていくような、「白さ」への昇華が起こるのだけれど、大植英次といえども、この長い長いアダージョの中、それを十分にやってのけるには、やや力不足であったかもしれない。音楽がやや退屈に傾くところ、無きにしも非ず。演奏自体も、昨日はホルン+ワグナーチューバ部隊が最後の和音を見事に吹ききったのだが、今日は・・・・。ここら辺が、東京ではどうか。成功するのか、否か。

ただ、昨日も気がついてはいたのだが・・・・実は、ブルックナーの最初から最後まで、パイプオルガンがスタンバイされている、それのみならず、正面からライトが当てられていたんですよ。昨日は正面バルコニー席だったので、なんでこんなにライトが当たるんだと、何度も後ろを振り返ったのだが、なにもない。今日、正面から見てみて、はっきりとオルガン演奏者席がライトアップされていることがわかりました。でも、やっぱりそこは無人。一体、これって??

この事実に、どれだけの人が気が付いていたのだろう。そして、それを指示したのは?・・・やはり、大植英次?とするなら、一体何のために?

東京公演、サントリーホールでも、オルガンはスタンバイされるのだろうか?

そして、無人のオルガン演奏者席、そこには・・・何かが・・・誰かが、居たのだろうか??

スポンサーサイト

PageTop

メタリック・ショスタコーヴィチと白いブルックナー

聴き終わった時の印象を素直に述べるなら、タイトルに書いた如し。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第445回定期演奏会
大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第9番変ホ長調作品70
ブルックナー:交響曲第9番二短調

例によって、1日目はバルコニー席から、大植さんの指揮をじっくりと見ることにしているわけだけど・・・・明日は定期席から聴く(ことができるはずなんだけど(笑))ので、簡単に。

大植さん、この二つを並べたことは、純粋に「9番」を並べた、という意味以上のものはない、と思いました。この2曲の間には、なんら内的関連性を大植さんは感じていない。それは明らか。(後註:これを書いた後、大フィルブログを読んで、大植さん自身の語りから、ベートーヴェンという鏡を間に挟んだコントラストを目指したように感じました)

そして、ショスタコーヴィチを指揮している時の棒は、奇数楽章では「固く!!もっと固く!!!」、偶数楽章では、「ひそやかに!!もっと密やかに!!」

「真実は、小さな声で囁くように語られる」
 然り、そして
「大きな声で語られることは・・・・みんな嘘っぱちさ!!」

ひたすらメタリックな響きを指向する音が形作る1楽章と3楽章は、その音が徹底すればするほど、紛いものの胡散臭さを撒き散らし、内に内にと沈潜していく2楽章と4楽章は、謎めいた呟きに終始する。

そして到達した、終楽章、突風のようなストリングスの嵐のあと、喜びのクライマックスに到達したかのような音楽が出現するにもかかわらず、それを振る大植さんの顔はこれ以上は無いほどの険しい表情で・・・・その振りおろされる棒が刻むリズムは、これは・・これは・・・

・・・・「シュプレヒコール」ではないか!!

大植英次の描くショスタコの9番は、例えるなら「体制の欺瞞」と「民衆の蜂起」・・・今の、アラブ世界の出来事を彷彿とさせるが如くの・・・・

まさか、こんな音楽がここに出現しようとは・・・・大植英次、恐るべし。

今日は、これだけでいいのかもしれない。

でも、後半のブルックナー、ショスタコとは対極の如くの自然体に徹した指揮は、大フィルから「そうそう、その音、その音」と呟くように、これもまた前半のショスタコとはかけ離れた、木質の美しい響きを導き出す。その行きつくところは、

白い世界。

今日の大フィルの音、このブルックナーの関しては、「できあがって」いました。
明日は、もう一度この音を反芻しに出かけることにします。

PageTop

ドッペルもあんまり持ってないんですよね。

4番を聴き直したら、やっぱしドッペルも聴き直さないと気が済まないですよね(笑)。でも、ぐすたふくん、やっぱり、ブラームスってあんまり持ってないんやなあと、改めて思いました。うちにあるのは、3枚。

オイストラフ・ロストロポーヴィチ セル指揮クリーブランド管
メニューイン・ヨーヨーマ アバド指揮シカゴ響
クレーメル・ハーゲン アーノンクール指揮コンセルトヘボウ管

聴いてみて、この曲の録音、やっぱりソリスト二人と指揮者の力関係がキャラクターを決めるような気がするなあ。この中では、やはりオイストラフ・ロストロの尋常でない絡みが、まあ凄い迫力(この中にこの間の大フィルのライブに通じるものを感じたのは、僕だけかしら?)。セル・クリーブランドの付けも尋常でなく、まあ凄い演奏ですな。これが普通だと思ってしまうと、他の演奏なんてつまらなくて聴けなくなっちゃうんじゃないかなあ。これは「特別」だって思わないと。

それに比べれば、クレーメル・ハーゲン・アーノンクールの方は、極めて「冷静」かつ「モダンな」演奏だということがわかる。これは、この演奏だけ聴いているとわからないことじゃないかなあ。「冷たく熱い」んですよね。余計に熱くないというか。録音も良いし、響きも良い。安心して身をゆだねられる、という感触がある。これも魅力ではあるのだが、逆に、こちらを良しとしてしまうと、オイストラフ・ロストロ・セルがとても暑苦しくて聴いてられない、ということになりかねない。面白いもんです。

この二つに比べると、メニューイン・ヨーヨーマの方は、この時のヨーヨーマの飛ぶ鳥を落とさんばかりの勢いに沈まんとする太陽が必死に対抗する様が異様に悲しい。ヨーヨーマの流麗極まりないチェロを聴くため演奏だが、これをブラームスとするか、と問われると、ううむと思ってしまうなあ。アバドのシカゴの振り方も、ちょっと流し過ぎな気がする。

こうして見ると、竹澤・ゲリンガス・大植の演奏が、いかに「19世紀的」に濃厚であったかが、さらに感じられるわけでありまする。

PageTop

ブラームスの4番

あの4番を聴いてしまうと、反芻したくなるのが人情(大植英次という人は、そうさせてしまう演奏をするんですよ!!)。でもって、我が家のブラ4ですが、案外無くってですね・・・

ワルター・コロンビア響
カラヤン・ベルリンフィル(1963)
カラヤン・ベルリンフィル(1977-78)
小澤征爾・サイトウキネン
チェリビダッケ・ミュンヘンフィル

のたった5種類。ブラームスって、生演奏の機会に大学時代から触れる機会に事欠かないので(これは前にも書きました)、あえてCDを買っていろいろ聴こうという気にならなかったんですよね。

この中では、もともと1963年のカラヤンの録音が一番気に入っていたのだが(まず、録音会場のベルリン・イエス・キリスト教会の響きが素晴らしい。2回目の録音はフィルハーモニーホールで、音がいまいち)、今日ほとんど聴かずにほっておいたワルター・コロンビア響の演奏を改めて聴き直してぶっ飛び。ななななな、なんだ、この演奏は?

ワルターの中庸な演奏、などという先入観をぶっ飛ばす、濃厚かつ戦闘的な演奏。えええええええ、こんな演奏してたんだ、この人。

演奏時間もこの5種類の中では最長。コーダの遅さ、粘り加減など尋常じゃありません。

でも、次点の長さのチェリビダッケの方も一筋縄ではいかない。4楽章などわざとと思われるくらい流麗な流れに徹して、おやおやと思っていると、中間部の遅いタンホイザーの合唱あたりで、最も美しい時間に沈潜していく。ほほお、このあたりは、ああチェリやなあ、と思っていると、後半にかけて猛然と火を噴きあげるという仕掛け。これも、なかなかであります。

でも、やっぱり、カラヤンの「美しさ」というのも捨てがたいものがあるなあ。今回聴き直してみても、63年録音がピカイチ。77年の録音は、ちょっとあっさりしすぎかもしれないです。

一方で、小澤・サイトウキネンの「熱気」もなかなかな聴きもので・・・・ううむ、やはり4番、名曲である、ということでしょうね。

PageTop

連日の超一級コンチェルトの演奏!それに酔える幸せ

機会は決しては逸してはならぬ、と神はぐすたふくんに告げているようであります。

大阪 ザ・シンフォニーホール
センチュリー第158回定期演奏会
アラン・ブリバエフ指揮 大阪センチュリー交響楽団
ピアノ独奏 アフデル・ラーマン・エル=バシャ
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
サン・サーンス:ピアノ協奏曲第2番ト短調作品22
ドビュッシー:交響詩「海」
ラヴェル:ラ・ヴァルス

昨日のブラームスチクルスですら行けるかどうか微妙だったぐすたふくんに、今日の仕事の進み具合はなんと意外なぐらいのサクサクぶりで・・・これは、行けるのか、行けと言っているのか・・・・と思いつつ仕事が上がった視線の先の時計の針は・・・・これは行ける!・・・・瞬間、ぐすたふくん、職場を飛び出しておりましたね。

いやあ、来てよかった。何が良かったって、サン・サーンスのPコン。昨日のドッペルといい、今日といい、連日コンチェルトの名演に出会えたことは、やはり神のお導きでありましょう(笑)。

実はぐすたふくん、この曲を聴くのはこれが二回目。前回は、昨シーズンの関フィル定期、吉松隆の「鳥たちの時代」聴きたさに行った演奏会で、たまたま併演されていたのを聴いたもの。それはそれで楽しんだんだけど、グランドマナーオンリーのショーピースと言う以上でも以下でもない、という印象・・・ところが、今回の演奏は、その時と比べると明らかに「質が違う」。違う曲ですな、まるで。

浅学にして、本日のソリストのことを何一つ知らないのだけれど、まあなんて素敵な響き。一音、一音、どれをとっても響きが磨がれていることこの上ない。なんていうか、「生のピアノの音」じゃないんですよ。「上質」という言葉がまさにぴったりとくる、そんなピアノの音。

その音が、なんら危なげのない、ほぼ完璧に近いテクニックで、ジャストインテンポで駆けまわる時の、目の眩むような輝きといったら!!だから、3楽章のタランテラがやはり最大の聴きもの。家に帰ってきて、パスカル・ロジェとデュトワのCDを聴いたが、そのテンポを上回る快速。快速トリルの連続が紡ぎだす旋律線は、悪魔的と表現しても過言ではない黒光りの光沢を放ち、正にゾクゾクものであります。そんなピアノが、これぞセンチュリーの底力と言っていい鉄壁のアンサンブルと丁々発止のぶつかり合いを演じる様は、これぞ「ライブの醍醐味」。

いいものを聴かせてもらいました。これがあるから、機会は逃してはいけないんですよねえ。

アンコールで弾かれたのは、ラヴェルの「鏡」から「悲しげな鳥たち」。これも、素晴らしい「響き」。シンフォニーの空気が、震えるのがわかる。サンサーンスの1楽章でも感じたが、その音にそこはかとなく宿る「気品」。これこそが、このピアニストの代えることのできない魅力なんだろうなあ。

一方、この曲でみせたセンチュリーのエッジの利いた「カッコイイ」演奏を聴いてしまうと(やっぱり巧いなあ、と思いましたねえ。大フィルではこうはいかないだろうと)、後半2曲がどうしても「手に余る」演奏に聴こえてしまって、そこら辺がううむ、でしたね。

特に、「海」でそれが顕著。というか、この曲、過不足なく演奏されたライブを僕は結局聴いたことがないような気がする。こういう事実を目の当たりにして、やはりこの曲の難しさ、というものを思い知らされる気がします。センチュリーの場合、編成がこの曲に要求される響きを構築するにはどうしても不足しているということを割り引いても、2楽章の「波の戯れ」など練習不足が明らかだし(滅茶苦茶難しいんだろうけど)、1楽章も練れてないなあ、という印象。ただ、3楽章の最後は、指揮者のもって行き方が巧みで、それなりの高揚感と演奏効果が得られていて、流石だなあとは思いましたが。

それに比べれば、ラヴェルの方が優れた演奏。この曲の方が、オケとしては御しやすいのかもしれないなあ、と思いました。ただ、これも最後の最後の、それこそジェットコースターの急降下急上昇を思わせるオーケストレーションの部分が、量感力感ともに不足気味で、やや欲求不満を感じたのも事実ではあるのだけれど。でも、センチュリーとしては精いっぱいの力演であったことには否定しません。

後半2曲に、本当ならこんな曲を持ってこなくても良かろうに・・・・そんな気持ちにふとなってしまったこと、正直に告白しておきましょうか。

PageTop

「大植英次のブラームス連続演奏会」その一区切り

このチクルスの中では、一番印象深い演奏会だったです。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィルブラームス交響曲全曲演奏会IV
大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
ヴァイオリン独奏 竹澤恭子
チェロ独奏 デイヴィット・ゲリンガス
ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための協奏曲イ短調 作品102
ブラームス:交響曲第4番ホ短調 作品98

やはり、協奏曲に力点が置かれた演奏であるのは、ここまでの3回と一緒。とにかく、このドッペルのソリスト二人の熱演にとどめをさす。

この曲、やっぱり「協奏曲」としては「ヴァイオリン協奏曲」よりは「チェロ協奏曲」なんだと思います。チェロがよほど強力でないと、面白くならない。以前、大植さんが、長原君と当時のチェロトップとでこのドッペル、定期でやったけれど、その時は明らかに不均衡。チェロが弱いのはいわずもがな、ヴァイオリンが立ち過ぎることも、この曲にとっては良くないんですよね。それに加えて、この曲はコンチェルトならぬ「巨大ピアノトリオ」という側面もあり(こうして考えると、ブラームスと言う人も、ショスタコに負けず劣らぬ「二重人格」ですな)、二人してオケの大音量をはじき返すほどの音圧を生み出して初めて、オケーヴァイオリンーチェロの「トリオ」的構造がそこに立ち現れるわけで・・・

だから、1楽章の濃厚なこの二人の絡みやきしみが、今日の演奏の最大の聴きものだったと思いますね。竹澤さんは予想どおりの分厚い音像で想定範囲内ではあったが、前回のプロコフィエフの印象からもっとあっさりかと思っていたゲリンガスさんが、野暮ったいまでの渋い音を聴かせたのには、少々驚きましたけれど。

14型フル編成のオケも、この二人の濃厚な音楽にがっぷり4つに組む濃厚なサウンドを聴かせ・・・・このチクルスの協奏曲「濃厚演奏」ラインアップの最後を飾るに相応しい、としていいですな。「ブラームス」を聴いたなあ、ああお腹いっぱい、って感じです。

しかも、アンコールがあって・・・・なんと、ゲリンガスさん、3楽章をみんなでもう一回やることを提案。大植さん、目をむいてはりましたが(笑)。この演奏が、ちょっと肩の力を抜いた、アンサンブルを楽しみましょう的なノリがあって、それはそれでよかったです。なんか、懐かしの大学オケの初見大会みたいな匂いがして(^^)

さて、問題の4番です。

以前の記事でも、予想を裏切られっぱなしの今回のチクルスでのシンフォニーパートですが・・・・今回も、前半二楽章と後半二楽章でこうも変わるとは。

だって、前半の二楽章を聴いてたら、このままで行くと思うじゃないですか。流れを大切にした演奏。不要な「タメ」は注意深く排し、楽章の最初から最後までを、大きなフレーズで歌いきるような「流麗」という言葉がぴったりとくる、そしてある意味「カラヤン美学」が透けて見えるような演奏。

そうか、ブラ4のキーワードは、「美しき流れ」「旋律美」なのか・・・・と思ってたら、いきなり3楽章からマーラーが顔を出す。ええええええ?このスケルツォは、まるでブルレスケか、「煉獄」か?

そして4楽章に至っては、仮面も衣装もかなぐり捨てたかのごとくに、まるでそれこそマーラーの9番・終楽章の冒頭のような慟哭でもって、パッサカリアの幕が切って落とされる。そしてそこからは、大きく揺れるテンポ・振幅の大きなダイナミクス・・・・グロテスクというまでではないが、世紀末的耽美一色に塗り込められた「後期ロマン派」音楽の濃密な時間。この曲が初演された後、シェーンベルクやウェーベルンが、夜の匂い漂う独特の音響色彩に満ちたパッサカリアを書くことになる、そのことの必然を思い知らされるような演奏。こんな4楽章が続くとは、だれが予想するだろう?

いやまあ、最後まで策士大植・・・・感服いたしました。4番と言えばだれもが、あのアクシデントの4番を思い浮かべると思うが、あの時たとえ大植さんが振っていたとしても、おそらくはこんな4番にはなっていなかっただろうと思う。きっと、全然違うものだったろう。

これこそが、今の「大植英次のブラームス」。そしてこれが、一区切り。ああ、全部聴きに来れたんだなあ、本当に良かった。その幸せ、しみじみかみしめています。

そのあと実はいろいろと面白いことがあって・・・・スクープ!!実は、ブラ4には失われたイントロがあった!!!だとか・・・他にも色々あるんだけど・・・・でも、大植さんが「ブログに書いちゃだめですよ!!」っていうもんだから・・・・ぐすたふくん、書けません(笑)。

今日の演奏会場に居た人だけが知っている秘密、ですもんね。ね、みなさん(^^)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。