不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何だ、何だ、この熱演は?・・・・大フィル定期

は?へ?、って感じでした。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第444回定期演奏会
レオン・フライシャー指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
ピアノ キャサリン・ジェイコブソン・フライシャー/レオンフライシャー
ベートーヴェン:序曲「コリオラン」作品62
モーツァルト:2台(3台)のピアノのための協奏曲ヘ長調k.242
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92

典型的な(悪く言えば、何の変哲もない(笑))ベートーヴェン・モーツァルトプログラム。レオン・フライシャーという指揮者のことをこれっぽちもしらないぐすたふ君にすれば、なんの期待も先入観もなく(というよりは、単に定期会員の義務感だけで)会場入り。でも、逆に言えば、こんなプログラムを客演が持ってくる、ということは、何かある、と思うべきだったのかもしれないなあ。

いや、結論から言えば、コリオランとべー7がものすごい熱演。大フィル、弦セクションは最終プルトまで前のめり、長原幸太渾身の突っ込みが生み出すサウンドのすさまじさ。コリオラン冒頭のCのユニゾン、ベー7冒頭のAのアタックからして「ええええええええええ?????」である。

また、ペットはガンガン、フルートはぶんぶん・・・・特にペットがベー7で、ハイトーンをバンバンぶつけてくる骨太なサウンドには、思わず、ほおおおおお。

だから、通して聴いたときに受けた印象は、「まるで大学オケの定期演奏会みたい」だなあ、と。仰ぎ見るマエストロの音楽に全身で応えようとする、その意気がストレートにこちらに伝わってくる。それが一番。アンサンブルが乱れようが、何しようが、そんなことはどうでもいい、と思わされるに十分な、文字通りの「熱演」。

こういう音を引き出せる指揮者なんだなあ、と思いました。おそらく、かつての御大もまた、そういう指揮者だったのだろうけれど。その意味では、久しぶりに「大指揮者のベートーヴェン」というものを耳にした気がします。

ただ、モーツァルトが眠かった。いや、悪い演奏ではなかったのだけれど(いい演奏だったと思いますが)、いかんせん「眠い」。だから、これについてはコメントは差し控えさせていただきまする(笑)。

今年最初の演奏会としては、十分満足のコンサート。今年も良い出会いがありますように。

スポンサーサイト

PageTop

京都・大阪間の一般聴衆を代表して、うちの母親の発言を

今日は、京響のニューイヤーコンサートでしたが、ぐすたふくんのお家はりんりんちゃんの中学受験でコンサートどころではありません。そんなもんで、今日のチケットはぐすたふ母のもとへ。

今日のニューイヤー、早々に完売、満員御礼、札止めだったのだが、大友さんも絶好調で内容も良かったらしく、母親は至極ご満悦で帰ってまいりました。

そんな母親の帰宅後の様子です。

ぐすたふ母「(リビングにて)いやあ、ニューイヤーコンサートっちゅうのは、ええもんやねえ。好きやわあ、私!!」

ぐすたふ「そう、よかったねえ(新聞を見ながら生返事)」

ぐすたふ母「大友さんも、前に比べたら、気合がはいって、ちっとましになったような感じがしたな、うんうん」

ぐすたふ「(何者や、あんたは)」

ぐすたふ母「あんた、なんかようわからへんけど、土日だけの会員っていうてたなあ。今日プログラム見てみたら、土日の会員は、ニューイヤーがあたるけど、他の会員は、ニューイヤーあたらへんねんなあ!!そんなんやったら、他の会員なんかになってもしゃあないやんなあ!!」

ぐすたふ「(なにいうとんねん、このばあちゃん)・・・・そんなことないはずやで、賛助会員やったら全部あたるはずやで」

ぐすたふ母「(今日のプログラムを見て)そうか、でも、高いやんか!!そんなんやったら、土日会員の方がええやん!!」

ぐすたふ「(嘆息)・・・でもねえ・・・土日会員は、席がたんびたんび違うんやで。それでもええの??僕はそれでもええから、そうしてるねんけどな」

ぐすたふ母「(無言)」

ぐすたふ「それでなくても、席にうるさいでしょ、あなた。3年もかけて、大植・大フィルの定期会員の席、更新のたびにチケットセンターに掛け合い、徐々に自分の好きな位置に持っていったのは、一体だれでしたっけ?」

ぐすたふ母「(ますます無言)」

ぐすたふ「そやそや、思い出した・・・2月は道義さんやったけど、僕行かれへんねん。行く?道義さん、好きやろ?(チケットを渡す)」

ぐすたふ母「行く行く!!(席の番号を見て)・・・なんやて?三階席やんか?」

ぐすたふ「ほら見てみいな、そう言うと思った。あなたみたいな人には、土日会員は向きませんって。それに高いって言っても、京響の賛助会員の会費、大フィルのA会員より、ちょっとだけやけど安いはずやで」

ぐすたふ母「ほんまか・・・(今日のプログラムを再度確認)・・ほんまや!!・・うううむ・・・」

ぐすたふ「(ふたたび新聞)」

ぐすたふ母「(しばし沈黙した後)そや!!(ポンと手を叩く)大植さんも来シーズンで辞めはることやし、ここはひとつ、大フィルの会員、やめよか!!」

ぐすたふ「・・・ぶっ!!・・・」

ぐすたふ母「そやそや、大植さんのいいひん大フィルなんて、聴きに行ってもしゃあないわ!!それよりも、広上さんの京響やで!!」

ぐすたふ「・・・・はあああ???」

ぐすたふ母「よっしゃ、決めた!!大植さんの後の人がしょうもなかったら、即刻やめ!!そこで、浮いたお金で京響に乗換えや!!決定!!!!」

ぐすたふ「(絶句)」

ぐすたふ母「やっぱ、広上さんやなあ!!・・あんた、知ってるか?京響、今度のスプリングコンサートっちゅうやつ、広上さんが指揮でな、曲目がまた魅力的で ・・・(以下省略)」

・・・・大フィルの方、よおおおくこの発言、噛みしめてくださいませ。これが、京都大阪間の気まぐれな一般聴衆の実態、であります。くれぐれも、ご注意召されませ。

翻って、京響の方々、おめでとうございます。賛助会員が一人増えそうでありまするよ(^^;;)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。