不惑わくわく日記

大阪でコンサートをあさっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

有能な指揮者にかかれば、耳タコの曲でも新鮮に響く・・・大フィル定期

いい方向に裏切られた、という感じです。

大阪 ザ・シンフォニーホール
大フィル第438回定期演奏会
イオン・マリン指揮大阪フィルハーモニー交響楽団
ムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」(原典版)
ラヴェル:組曲「クープランの墓」
ムソルグスキー=ラヴェル:組曲「展覧会の絵」

ここまで何も書いてこなかったが、今期の大フィルの定期のラインアップについては、ぐすたふくんも正直「なんやこれ!!」という気持ちがなかったわけではない。その最たるものが今回の定期のプロ。なんですか、これ?これが定期のプロですか?はっきり言って、幻滅した、といってもいい。まあ、こういうこと、ファンを自認するのであれば、言わぬが花、胸の内にぐっと仕舞って・・・と思っていました。

だから、本来金曜日の定期会員のぐすたふくん、金曜日に会議が入った時、こりゃパスやな、と思いましたね。無理していくこともなかろうと。でも、今日の仕事の進み具合からすると、今日ならいけるなと思った時、ひとつでも座席を埋めるのも会員の努め、大フィルのためならえんやこら、と、チケットセンターに電話して日にち変更を依頼。これを受けてくれるのが、今の大フィルのえらいところです。

ほとんど義務感でシンフォニーに座る不遜な極道ぐすたふ君の前に颯爽と現れたイケ面指揮者、このひとが最初の「禿山」をさっと振り始めて数小節、ぐすたふくん、顔色が変わりましたね。こいつ・・・・只者ではない、と。

この「禿山」と「クープラン」の二つ、こんな耳タコの曲からこんな音が出てくるとは。確かに、曲のプロポーションや進み具合は僕の知っている各々の「それ」なのだが、まるで違う曲のような響き。「禿山」のごつごつ感(特に原典版に差し替えられた終結部における、油絵具をチューブから直接塗りつけたような肌触り)と「クープラン」のペパーミントやハッカのそれを思わせるテクスチュア。特に、後者の響きの風合いは今まで僕が耳にしたことのないもの。同じオーケストレーションから、これほどの違いがある響きがでてくることの不思議。有能な指揮者、とはこういう芸当ができるものなのか、と思いました。

もっとも美しかったのは、3曲目「メヌエット」の終結部。黄金の夕映えを思わせるその音像には、「恍惚とする」という言葉が最もふさわしかったです。

これだと、「展覧会の絵」もどうなるか、と思ったのだが、流石にこの曲に関してはあまりいじれないようで、耳慣れた響きをそれほど逸脱するものではなかったです。ただそれでも、あちらこちらに仕掛けはあって、ビドロのソロがユーフォニウムではなくチューバで吹かれるとか、打楽器の編成や扱いに少々手を加えてたり(多分やってたと思ったが、僕の間違いかなあ?)など、面白い音がするものだから、少々お疲れで眠気がきてもおかしくないぐすたふくんでも全然眠くならなかったですね。

圧巻は、キエフでのずれずれバスドラをちゃんとやってるところ。これ、実は僕の知ってる中では唯一チェリビダッケがやってるんです。どういうことかというと・・・・終結部のバスドラ、ラヴェルの書いた通りにやると、まるで間違えて遅れて入ったように聞こえるんで、普通はきちんと拍に合うように直すらしい(実際、この間の秋山さんは、直してました)。ところが、これをその通りにやった方が面白い効果が生じるんですよね。つまり、祝典や式典の背景に、その進行とは無関係に花火が打ちあがるような効果、なんだけど、それが、今日は強烈に決まった。これまで、生で何回も展覧会の絵を聴いてきたが、これだけはっきりわかったのは、今日が初めて。ここらへんも、この指揮者の個性、ですな。

改めてこのイオン・マリンという指揮者の経歴をしげしげと見直してみると、ズラリと並ぶヨーロッパの超一流オケの名前。ううむ、ぐすたふくんが浅学にしてしらないだけで、実はすごい人だったのね。

耳タコの曲から鮮烈かつ新鮮な響きを引き出す・・・・これは、前に大植さんの代役に立ったペーター・フロールの時にも感じたこと。でも、存外これがヨーロッパの今の響きなのかもしれない、僕たち日本の聴衆が知らないだけで。

もしかしたら、今期のラインアップ、曲目は陳腐であっても、実は・・・・ということなのか?指揮者のラインアップに、秘密があるということなのか?

うううううむ、音楽監督大植英次、その策士ぶりをここに発揮している、ということなのだろうか?真相は、これから明らかになりますな。

スポンサーサイト

PageTop

スーツを作る

実のところ、ぐすたふくん、あまりスーツを着ません。

職場に行ってしまうと、仕事着に着替えることになるので、そこまで何を着ようとあんまし関係ないんですよね。で、この年になるまで、スーツはどうしても着なければならない時限定。普段の通勤は、なんとジーンズにブレザーかブルゾンといういでたち。

でも・・・・40も半ばを過ぎて、これではいけないと・・・・不惑わくわく、セカンドステージに突入。

このところ、かなり勉強しておりまする。せめて、ジャケット・パンツスタイルで、年相応の格好にしようと。

そして、こすもすを説得して、何十年かぶりのスリーピースを新調。しかし、これで思い知りました・・・・自分の体型の変化を。スタンダードサイズでは、ベストが入らない!!!!!

うええええええ・・・・不惑わくわく、中年を思い知るの巻、でありました。

PageTop

メンデルスゾーンB級交響曲でも沼尻竜典にかかると・・・・センチュリー定期

おそくなりました(^^;;)

大阪 ザ・シンフォニーホール
センチュリー第151回定期演奏会
沼尻竜典指揮 大阪センチュリー交響楽団・合唱団
びわ湖ホール声楽アンサンブル
高橋悠治:大阪1694年(委嘱初演)
メンデルスゾーン:交響曲第2番変ロ長調「賛歌」

前半の高橋悠治作品については、あまり書くことはありません。高橋さんの曲自体、僕があまり好きではない(聴いてて全然楽しくない)というのが一番かも知れない。前回は、いまから10数年前、フェスティバルホールであった、坂本龍一とのコラボ、「マタイ1999」だったけれど、この時の人を喰ったようなピアノソロ(他の人たちのかなり力の入った作品に比較すると余計に)も、はあああ?という感じだったが、それは今回も同じ。

筆に墨を付けて、ふううっと息を吸って、おもむろに書をしたためる、といった音楽が14曲続くのだが、はっきり言って退屈。最初の3曲で飽きちゃいます。眠い眠い。最後の、芭蕉の有名な「旅に病んで」の句につけられた音楽が、バスドラの一撃で始まるあたり、マーラーの10番の最終楽章を明らかに意識・踏襲していて、そのあとの音楽の透明さもおそらくこの曲を本歌取りしていると思われ、ここは大変興味深かったが、それだけ、ですね。もっとコンパクトでいいと思いました。

久しぶりに見る高橋さん、いつもながら変なファッションでしたが、さすがに年をとりはりました。前衛の終焉というものを感じる思いがしたのは僕だけかなあ。

後半の「賛歌」は、期待を裏切らない出来。さすがは沼尻君です。彼、よっぽど声楽の入った作品が好き、そして得意なんでしょうな。

この曲をB級交響曲と言うと怒られるかもしれないけれど、やっぱり冒頭の「都の西北」を思わせるクサイメロディー、これがB級テイスト満載なんですよねえ。最後の最後のいいところでこのメロディーがおもむろに再帰するところなど、いつもCDを聴いてて脱力を覚えるが、今日は思わず大笑い。演奏会場でなかったら、大声あげて爆笑しましたって。

でも、それを恥ずかしげもなくきっちり大見えを切るのが芸人というもんであります。沼尻君、流石でありますねえ、ここから聖俗併せのむ度量の大きさをみせてスケール感を演出するところ、感服いたしました。巧い。

巧いと言えば、今日の合唱、さすがはセンチュリー合唱団とびわ湖ホールアンサンブル、極めてレベルの高いもの。特に、中間部の「すべてを神に感謝せよ」で突然出現するアカペラ、これが美しいのなんの。この曲の最高の部分は実は合唱の扱いにあると思うのだが、生で初めてわかるその響きの質感、聴かせていただいたことは正直、感謝、でありますね。二度とこの曲、聴くことがあるかどうか・・・・そう思えば、無理してでも来たかいがあったと思いました。

せっかくの沼尻君、僕としてはこの路線で突っ走っていただきたいものであります。「オラトリオ」路線ですね。同じメンデルスゾーンでは「エリア」もあるし、エルガーの「ゲロンティアスの夢」だとか、ストラヴィンスキーの「エディプス王」なんかやってもらえないかなあ。多分、彼がやらねば、大阪でかかることは絶無に近いでしょうしね。

これからも期待してます。よろしく。

PageTop

ルノワール展に行く

今日は、家族みんなで大阪まで。国立国際美術館でルノワール展をやってるんで、こすもすの発案で出かけることになったんですよね。

ぐすたふ君、実は絵画の方にはとんと疎くて、ルノワールが印象派の画家だなんて実はぜんぜん知りませんでした。印象派、というとモネの(それこそ)印象が強く、ルノワールといえば、「ピアノレッスン」や「ダンス」に代表される、女性の肌の色が綺麗な画家、という認識しかなかったんですよね。

国際美術館、これも今回初めてでかけたのだが、どうせたいしたことないやろと高をくくっていたら、どうしてどうして、なかなかのボリューム。全部見るのにせいぜい1時間もかからないだろうと思っていたのだが、とんでもない話で、気が付いたらあっという間に1時間半。ろんろんはさあああっと飛ばして行ってしまい、待ち合わせを1時間半たったら、ということにしていたので最後の方はかなり焦りましたね。結局、2時間近く見ていたことになると思う。それでも、かなり端折ってます。

でも、来てよかったなあ。これだけの量(80点前後が出品されていたらしいが)をまとめて見ることが出来て、すごく勉強になりました。特に、最初印象派からスタートして、そのあとギリシャ美術にインスパイアされ、そこから画風がぐぐぐっと変わっていくあたり、まるで現代音楽でスタートして古典に回帰していく同じころの作曲家(ちょっとずれるかもしれないが、「春の祭典」の原始主義から新古典主義へと大きく舵を切ったストラヴィンスキーだとか、アヴァンギャルドから実用音楽へと舵を切ったヒンデミットとか)を思い起こさせて、非常に興味深いものがあります。

芸術の分野でも、社会の分野でも、人の営みっていうのは、それぞれが全く独立しているわけではなく、歴史の風というもの、そう言ったものに同じようにさらされているんだ・・・そういうことを、改めて思わされた気がしました。

死の直前にかかれた「3人の裸婦」、そこでの背景と人物が混然一体となった光のなかに溶けていくイメージ・・・今日の一番を上げろといわれたら、ぐすたふくん、これを選んでしまいますね。確かに、「可愛いイレーヌ」における髪の毛のマチエールの強烈さは、生でみて初めて感じられるものではありましたけれども。

今日の展覧会を見てしまうと、これはぜひ「モネ展」があったら見に行きたいなあ、と・・・・でも、無理なのかしらん?






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。